自社の利益に繋がるCSRとは?(その1)―アミタ流CSRマーケティングのススメ | 企業の環境・CSR・サステナビリティ戦略に役立つ情報が満載!

環境戦略・お役立ちサイト おしえて!アミタさん
「おしえて!アミタさん」は、企業のCSR・環境戦略をご支援する情報ポータルサイトです。
CSR・環境戦略の情報を情報をお届け!
  • トップページ
  • CSR・環境戦略 Q&A
  • セミナー
  • コラム
  • 担当者の声

コラム

自社の利益に繋がるCSRとは?(その1)―アミタ流CSRマーケティングのススメアミタ流CSRマーケティングのススメ

Some_rights_reserved_by_Tom_Purves.jpgアミタグループの株式会社トビムシで、経営コンサルタント/マーケティング統括を担当している古川大輔と申します。CSRという概念が出てきて、企業経営とどうつなげるか、既存のマーケティング、ブランディングと個別の文脈、個別の用語で語られることが多いです。

Some rights reserved by Tom Purves

しかし、我々が関わる地域の企業様ではCSRという言葉が出る前から本業でCSRを果たしており、私はそれを社内外にわかりやすく、利益と結びつけるようなコンサルティングを行ってきました。 「理念なき利益は犯罪、利益なき理念は寝言」をモットーに、CSRをもう少し経営や利益と身近に分かりやすく理解していただけるようなお話をお伝えできればと思います。
CSRは企業の利益に貢献できるのか?
  • 「CSR活動なんて、コストがかかるだけであると株主から反対されている」
  • 「無駄な経費にしか過ぎないから、そんなお金があるのであれば、もっと開発にお金をかけろ」
  • 「お客様からは、価格の還元セールをして欲しい!」

といったように、CSR活動を考える上では色々な声があると思います。

その意味で、私はビジネス哲学として、

「理念なき利益は犯罪、利益なき理念は寝言」

という言葉を大切にしています。

社会的活動と収益的活動、どちらかの偏ったものというのは、継続性がありません。

企業の目的は「永続性」にあると私は考えます。 CSRを事業の利益に貢献できるものとするために、まずはCSRの「前提」についてお話ししたいと思います。

CSRと自社商品サービスの営業強化を結びつける絵を描く

まず、CSR戦略というのは、「ブランド戦略」と密接な関係の上で成り立ちます。ブランド戦略がなく、中長期的な利益が見込まれない「CSR活動」を企業はやってはなりません。継続的でない「CSR活動」は本質的なCSRではないからです。

その流れで云えば、なにもかもが「環境が大切だ」ということだけではもう時代遅れです。例えば、森を守るという環境活動をやっているところは、そのうち自社の利益が出なくなると、森を手放します。 理念に基づき自社のCSRを果たすべき事業が、利益を得たいという自社商品サービスの営業強化にどうつながるか。そこの絵が戦略的に描けていること、これがまず、CSRの実行戦略の大前提にあたる、「意味づけ」です。

すなわち、自社のCSR事業が、企業ブランド(イメージ想起)の向上となり、あくまで直接的ではなく間接的に、企業のコア事業(モノ・サービスの販売)と結び付けるかという、意味付けが大切なのです。

トヨタ型・サントリー型は間接的なCSR連携の好事例

トヨタの森は、エコが大事というイメージを消費者に伝え続け、間接的には、プリウスの販売へと繋げています。サントリーの森は、「水と生きる」というコーポレートメッセージ(ブランドボイス)をもっていることからわかるように、おいしい飲料水はおいしい安全な水から生まれます。その水を守るのは、森を守ることから始まる、といったことで本業と繋がっていくわけです。

トヨタやサントリーの例では、社会貢献性のメッセージからみる「価値」だけではない、「森の多面的機能(二酸化炭素吸収、水源涵養 等)」というものから、自社商品との結びつきを明確にし、結果、企業の森を守る等の動きになっている、という特徴があります。 また、住友林業の場合は、森が最も経済価値につながる、木材としての価値を土台に、持続可能な資源循環を目指すということから、住友林業の森がある、という訳です。 →(第2回に続く)

関連情報
執筆者プロフィール
furukawa.jpg

古川 大輔 (ふるかわ だいすけ)
株式会社トビムシ 経営コンサルタント/マーケティング統括
ブログ:地域再生・森林再生コンサルタント日記

東京大学大学院修了後、株式会社船井総合研究所入社。地域ブランド創造チームを設立し、主に、観光、農業、林材・住宅の経営コンサルティング・マーケティングに従事。地域振興、木材振興に関するセミナー・講演多数。アミタ持続可能経済研究所客員研究員を経てトビムシに参画。 奈良県吉野郡川上村の観光PRの「かみせ大使」でもある。

アミタ流CSRマーケティングのススメ の記事をすべて見る

無料メールマガジン登録はこちら

ご依頼・ご相談はこちら

このページの上部へ