JXTGエネルギー知多製造所|廃棄物管理業務の強化とは | 企業の環境・CSR・サステナビリティ戦略に役立つ情報が満載!

環境戦略・お役立ちサイト おしえて!アミタさん
「おしえて!アミタさん」は、企業のCSR・環境戦略をご支援する情報ポータルサイトです。
CSR・環境戦略の情報を情報をお届け!
  • トップページ
  • CSR・環境戦略 Q&A
  • セミナー
  • コラム
  • 担当者の声

コラム

JXTGエネルギー知多製造所|廃棄物管理業務の強化とは企業取り組みインタビュー!廃棄物管理最前線!

jxtg_001.jpg廃棄食品の不正転売事件の発生以降、食品業界に関わらず幅広い業界で廃棄物管理業務を含めたコンプライアンス体制の見直しが行われています。今回は、JXTGエネルギー株式会社 知多製造所 環境安全グループの三浦氏に、同社が取り組んだ改善事例をお聞きしました。

本コラム一覧はこちら

左:三浦氏(JXTGエネルギー)右:福地(アミタ)

横のつながりで解決策を共有

福地:2016年はビーフカツの転売事件を受け、各企業様では廃棄物管理体制を見直す契機になった年であろうと思いますが、御社ではあの事件をどのように捉えられましたか?

三浦氏:弊社は食品を扱っている訳ではありませんが、本社から事件の情報を受け、廃棄物管理手順や廃掃法順守に関しての管理強化要請がありました。

福地:要請に対して、知多製造所ではどのような行動を起こされたのでしょうか?

三浦氏:廃棄物管理を漏れなく行うために手順書の強化を行いました。

福地:手順書の強化を進めるうえでキーとなったポイントは何かありましたか?

三浦氏:法令の順守とわかりやすさですね。法令の順守は経営層からも強化の指示があったので、法令を確認しながら手順書を作りこんでゆきました。また、自分以外のスタッフも理解できるようにわかりやすさも重視しました。

jxtg_002.png福地:廃棄物処理法は難解で、かつ改正が多く管理業務を行ううえでもたくさんのリスクが潜んでいますからね。手順書を強化されていた一方で、弊社の「廃棄物管理ベストウェイ」を導入頂いた訳ですが、どのような目的で導入されたのでしょうか?

三浦氏:「廃棄物管理ベストウェイ」を導入した目的は大きく分けて2点あります。

1つ目は廃棄物管理において専門家であるアミタさんに管理をサポートしてもらい、網羅的に法令の順守をしたかったという点、2つ目は廃棄物管理を主に担当している私の業務が個人的な管理になってしまうケースがある事を改善したかったという点です。「廃棄物管理ベストウェイ」ならば、法令順守の強化と管理の標準化を実現できると考え上司を説得し導入に至りました。

福地:導入において一番の決め手は何だったのでしょうか?

三浦氏:先ほどの目的でもあげましたが、やはり法令の順守ですね。社の方針として、安全とコンプライアンスを最優先事項に掲げており、廃棄物管理において「法令違反を絶対に起こさない」という目標の達成のためというところが決め手となりました。

福地:最後に、現在日本は2020年問題として、人手不足や技術の伝承が難しいと言われてきていますが、御社の廃棄物管理や環境/CSR分野などにおいて、課題となっている事はありますか?

三浦氏:環境業務に限ったことではないのですが、先ほどもお話しにあげた手順書の強化ですね。技術の伝承は手順書をベースに進めておりますので。目標というよりは改善課題といったところです。
弊社では事務自主保全活動というものを行っております。各個人の業務について複雑かつ、重要度が高いものから洗い出し、法令の順守に抜け漏れがないかを確認しながら、効率をあげていくというものです。これを通年で行い、改善をしているような状況です。

その他では省エネですね。毎年省エネの数値目標を設定し、それに向かって推進していくことに重きを置いています。「廃棄物管理ベストウェイ」の導入によって確保できた時間で取り組んでいきたいと思います。

JXTGエネルギー株式会社 知多製造所から学ぶ、廃棄物管理のポイントまとめ
  • 手順書の強化やしくみの導入で廃棄物管理業務の抜け漏れの低減と業務標準化を行うことが重要である。
  • 他社とのつながりを大切にし、課題や解決策を共有することが重要である。
話し手プロフィール

jxtg_miura.png三浦 祐太(みうら ゆうた)氏
JXTGエネルギー株式会社
知多製造所 環境安全グループ 

2005年にジャパンエナジー(株)へ入社(2017年に社名をJXTGエネルギー(株)へ変更)。
2005年~2010年 製油グループへ配属され現場作業員として勤務
2011年 環境安全グループへ異動(現職)

聞き手プロフィール

amita_fukuchi.png福地 宣弘(ふくち のぶひろ)
アミタ株式会社
環境戦略デザイングループ 西日本チーム タスクリーダー

2006年アミタ(株)に入社。中部地区で様々な業種の排出事業者に対してのリサイクルの提案営業を担当。2017年から大阪営業所にて企業の持続可能な成長を統合的に支援する環境戦略デザイングループで廃棄物管理支援、システム導入支援、リサイクルスキームの相談などを担当。

企業取り組みインタビュー!廃棄物管理最前線! の記事をすべて見る

無料メールマガジン登録はこちら

ご依頼・ご相談はこちら

このページの上部へ