廃棄物管理ご担当者に関する情報や、環境ビジネス、環境業務、CSRのQ&Aをご紹介

環境戦略・お役立ちサイト おしえて!アミタさん
「おしえて!アミタさん」は、企業のCSR・環境戦略をご支援する情報ポータルサイトです。
CSR・環境戦略の情報を情報をお届け!
  • トップページ
  • CSR・環境戦略 Q&A
  • セミナー
  • コラム
  • 担当者の声

CSR・環境戦略Q&A

 

「廃棄物管理ご担当者」 に関する記事一覧

このページでは、廃棄物管理ご担当者についての業務に役立つ記事をまとめて掲載しています。
このテーマについての関心が高い場合は、このページをブックマークしてお使いください。

磁性のある汚泥を国内で有価物化することはできますか?

All rights reserved by Kenya1960

結論としては可能です。ただし、磁性があればどんな汚泥でも有価物化が可能という訳ではなく、様々な条件があります。中国の輸入規制に関連した情勢も含めて有価物化の条件を解説します。

産業廃棄物の管轄自治体(政令市)の一覧表が、どこかにありませんか? 初心者向け

Some rights reserved by Create-Learning
Team Building & Leadership

都道府県別の一覧は下記の通りです。該当する市に事業所がある方は、報告書等の提出先が変わる場合があります。注意しましょう。

工場内の安全パトロール(見回り)を効果的に実施する3つのチェックポイントとは? 初心者向け

施設や機器の安全点検、原料や廃棄物の保管量チェック、排水や排ガス点検など、日々、各工場で実施されている「安全パトロール」(見回り)。これらを正しく行うことで、1.労働災害を未然に防止する、2.作業者が安心できる作業環境づくりを推進でき、生産性や品質向上に寄与する、などの効果が得られます。しかし、定期的な安全パトロールを実施していても、作業が形骸化し、報告資料の作成が遅れたり、必要な部署へ正しい情報共有がなされなければ、求める効果を得ることが出来ません。事故につながる予兆がパトロールによって現場で把握されていたにも関わらず、報告に不備があり、結果、事故が発生してしまった、というケースも見られます。そこで今回は、安全パトロール実施時の注意点についてお伝えします。

産業廃棄物処理業の許可自治体が2019年4月から増えると聞きました。どのような対応が必要ですか? 初心者向け

Some rights reserved by amtec_photos

2019年4月1日から、山形市、福井市、山梨県の甲府市、大阪府の寝屋川市の4市が中核市に移行します。地方自治法で定められた政令指定都市や中核市が増えると、廃棄物処理業の許可権限を持つ自治体も増えることになり、以降は権限が、都道府県知事から市長へ引き継がれます。当該自治体に自社の事業所がある場合や処理委託先の会社がある場合は、行政対応に不備がないか改めて確認が必要です。

フロン排出抑制法の対象機器は何ですか?また、点検などの義務や罰則について教えてください。

イメージ:業務用エアコン

2015年4月に施行された「フロン類の使用の合理化及び管理の適正化に関する法律」(以下、「フロン排出抑制法」)によって、対象機器の所有者は、機器の点検や漏えい量の報告などが義務付けられています。どのような機器が対象なのか?どのような対応が必要か?気になる対応方法について、一般財団法人 日本冷媒・環境保全機構(JRECO)の山本氏に解説いただきます。

「おしえて!アミタさん」では、廃棄物管理ご担当者などについての環境業務に役立つ情報をQ&Aやコラムとして毎日更新中です。更新情報はメールで配信していますので、ぜひご利用ください。

無料メールマガジン登録はこちら

ご依頼・ご相談はこちら

このページの上部へ