環境関連の法律は改正が多く困っています。改正動向をいち早く知る、または、予測できる方法はありませんか? | 企業の環境・CSR・サステナビリティ戦略に役立つ情報が満載!

環境戦略・お役立ちサイト おしえて!アミタさん
「おしえて!アミタさん」は、企業のCSR・環境戦略をご支援する情報ポータルサイトです。
CSR・環境戦略の情報を情報をお届け!
  • トップページ
  • CSR・環境戦略 Q&A
  • セミナー
  • コラム
  • 担当者の声

CSR・環境戦略Q&A

環境関連の法律は改正が多く困っています。改正動向をいち早く知る、または、予測できる方法はありませんか? 初心者向け

環境関連の法律の改正情報は、「中央環境審議会」のホームページから先読みすることができます。また、「パブリックコメント」という手続きの中で出される文書から情報を得るのも有効です。
 
まずは、「中央環境審議会」について説明します。

中央環境審議会とは、環境保全に関する重要事項を調査審議することを目的とした、環境大臣の諮問機関のことです。審議会のホームページを見ると、法律の改正について議論されていることがわかるので、その方向性を知るのにとても便利です。

次に、「パブリックコメント」についてです。

パブリックコメントとは、行政の施策についてまず「原案」を提示し、広く意見を募る手続きのことです。ですから、このパブリックコメントで公開された「原案」に注目すれば、「これから公布される施策」をある程度予測することができるのです。
 
例えば、2007年4月1日にあった「廃棄物処理法施行令の一部改正」については、こちらのパブリックコメントで7ヶ月以上前に原案を見ることができました。また、中央環境審議会では3年以上も前にその方向性について議論されていたことがこちらのページから分かります

突然の法律改正に慌てないために、日頃からこのような情報源を確保しておくと安心ですね。

セミナー情報

無料メールマガジン登録はこちら

ご依頼・ご相談はこちら

このページの上部へ