環境省から「通知」がたくさん出ますが、法律とどう違うのでしょうか? | 企業の環境・CSR・サステナビリティ戦略に役立つ情報が満載!

環境戦略・お役立ちサイト おしえて!アミタさん
「おしえて!アミタさん」は、企業のCSR・環境戦略をご支援する情報ポータルサイトです。
CSR・環境戦略の情報を情報をお届け!
  • トップページ
  • CSR・環境戦略 Q&A
  • セミナー
  • コラム
  • 担当者の声

CSR・環境戦略Q&A

環境省から「通知」がたくさん出ますが、法律とどう違うのでしょうか?

Some rights reserved by Manchester Library

通知は事業者に対して直接何かを強制・規制したりするものではありません。しかし、法律が制定された趣旨を理解したり、法律の解釈に迷った場合の参考とすることができます。

日ごろから注意を払っておく必要があります

環境行政のなかでも廃棄物行政は「通知(通達)行政」と言われるくらい、たくさんの通知が出されています。通知(通達)とは、環境省など国の行政機関が実務を行う都道府県や市町村に対し、法律の解釈や運用上の留意点を説明するもので、法律そのものではありません。

また、判例の内容が通知に反映されることもありますし、行政指導や行政処分は、通知に書かれている内容、要件、考え方に沿って行われます。したがって、法律を知るだけでなく通知の内容にも日ごろから注意を払っておくとよいでしょう。

関連セミナー

アミタグループでは各種セミナーを実施しています。 その中でも「廃棄物管理の法と実務セミナー」では演習やグループワーク等の現場感覚を体験できる手法で、廃棄物管理業務のすべてを習得いただけます。全国3,000名以上のご支援実績を誇るプロフェッショナルが、よりスムーズで確実な廃棄物管理業務を行えるよう、しっかりとサポートします。

関連記事:「環境省通知」はどこで見ることができますか?

無料メールマガジン登録はこちら

ご依頼・ご相談はこちら

このページの上部へ