特別管理産業廃棄物の排出事業者がつくらなければならない帳簿の様式には、決まったものがありますか? | 企業の環境・CSR・サステナビリティ戦略に役立つ情報が満載!

環境戦略・お役立ちサイト おしえて!アミタさん
「おしえて!アミタさん」は、企業のCSR・環境戦略をご支援する情報ポータルサイトです。
CSR・環境戦略の情報を情報をお届け!
  • トップページ
  • CSR・環境戦略 Q&A
  • セミナー
  • コラム
  • 担当者の声

CSR・環境戦略Q&A

特別管理産業廃棄物の排出事業者がつくらなければならない帳簿の様式には、決まったものがありますか?

Some rights reserved by NobMouse

標記の帳簿の様式については、特に定められていません。
特別管理産業廃棄物を排出している事業者は、帳簿を作成し、運搬や処分などについて、その状況を記録しなければなりません。これは、自社処理する場合にも、処理委託する場合にも該当します。

帳簿は毎月末までに前月中における記載を終了し、1年ごとに閉鎖します。さらに閉鎖後5年間、保存しなければなりません。冒頭に記載したとおり、この帳簿に様式は定められておりませんが、下記に千葉市環境局の提供する帳簿作成例のリンクを掲載しますので、ご参考ください。

関連情報

無料メールマガジン登録はこちら

ご依頼・ご相談はこちら

このページの上部へ