WWFジャパン&SBT認定企業登壇!「低(脱)炭素・資源循環・自然共生」環境戦略の3本柱で今何をすべきか? | 企業の環境・CSR・サステナビリティ戦略に役立つ情報が満載!

環境戦略・お役立ちサイト おしえて!アミタさん
「おしえて!アミタさん」は、企業のCSR・環境戦略をご支援する情報ポータルサイトです。
CSR・環境戦略の情報を情報をお届け!
  • トップページ
  • CSR・環境戦略 Q&A
  • セミナー
  • コラム
  • 担当者の声

セミナー

WWFジャパン&SBT認定企業登壇!「低(脱)炭素・資源循環・自然共生」環境戦略の3本柱で今何をすべきか?

ro_seminar.JPG

誰もが気になる "環境戦略の3本柱" 他社は何を行っているのか?

パリ協定、SDGsが続けて採択された2015年以降、企業はサステナブル経営に変革しようとしています。その中でも環境戦略の3本柱である「低(脱)炭素、資源循環、自然共生」は、今後切り離せないものであり、ビジネスチャンスの宝庫でもあります。しかし、環境戦略に据える事は容易でも、その具体的達成方法にはいくつかの押さえるべきポイントがあります。

今回はWWFジャパンより講師をお招きして、気候変動の国際動向の枠組み、企業の取り組み事例をご紹介します。さらに東京会場では、SBT(Science Based Targets)認定企業であるナブテスコ(株)より講師をお招きします。また、欧米を中心に動きが活発化している循環型の経済モデル「サーキュラー・エコノミー(Circular Economy)」や、企業の生物多様性に関する取り組みとその必要性について解説します。

対象

  • 企業の経営企画・CSR部門などで環境経営・サステナブル経営を推進される立場の方
  • 事業開発・原材料調達部門などで今後の資源調達についてご興味のある方
  • 環境部門で生物多様性など関連のテーマに取り組んでいる方

セミナープログラム

<特別講師&ゲストあり!>
1.気候変動に関する世界の潮流 と SBT
  • 国際的な動向と企業に求められる取組み
  • SBTの概要と意義に迫る!
  • 自動車メーカ等、先進企業の事例紹介/WWFジャパンと企業の協働事例紹介 etc

講師にWWFジャパンの池原氏をお招きし、国際的な動向と企業に求められる取り組みについて解説いただきます。さらに、ゲストには今年の7月にSBT認定企業となったナブテスコ(株)をお招きし、環境戦略の進め方についてお話しいただきます。(ナブテスコ(株)の登壇は東京会場のみ

2.資源循環とサーキュラーエコノミー
  • 欧米で取り組みが進む!サーキュラーエコノミーとは何か
  • これからの事業モデルとは?先進企業の事例紹介 etc

欧米を中心に動きが活発化している資源効率の向上と、それを実現する新たな循環型の経済モデル「サーキュラーエコノミー」について解説します。シェアやサービサイジングといったモノからコトへの事業モデルをどうイノベーションしていくか、他社事例を交えて解説します。

3.自然共生(生物多様性)のいま
  • 立案から実施まで!実践事例と具体的な進め方

自然共生の重要なテーマである生物多様性には高度な専門性が求められます。各企業が事業の中で、どのように取り組みを実施していけばよいのか。最新の実践事例を踏まえながら、立案から実施までの流れと、具体的な進め方をご紹介します。

※講師・プログラムは変更になる場合がございます。
※お申し込みいただいた時点で満席の場合はお断りをさせていただく場合がございます。

セミナーのご案内

名古屋会場 

11/9(木)

愛知県産業労働センター(ウインクあいち)

住所:愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4-38
【最寄駅】名古屋駅(JR・地下鉄・名鉄・近鉄)
定員:30名

東京会場

11/16(木)

飯田橋レインボービル

住所:東京都新宿区市谷船河原町11番地
【最寄駅】飯田橋駅(JR・地下鉄各線)
定員:70名

受講料 無料
時間 14:00~16:00

講師プロフィール

1.気候変動に関する世界の潮流 と SBT(Science Based Targets)

池原 庸介 (いけはら ようすけ)氏
WWFジャパン
気候変動・エネルギーグループ プロジェクトリーダー

企業で環境関連業務に従事した後、英エディンバラ大学気候変動科の研究に取り組む。2008年より現職。企業の温暖化対策ランキングプロジェクトなどを通じ、主に気候変動分野における企業協働に取り組んでいる。グリーン電力証書制度運営委員。

<東京会場のみご登壇>
山岡 達也 (やまおか たつや)氏
ナブテスコ株式会社
ものづくり革新推進室 環境安全部

入社後、自動機械設計、放熱器設計、グループ会社の経営管理等に従事。
2012年2月より現職。環境・安全業務に取り組む。

ナブテスコ株式会社
2016年に国際非営利団体(NGO)のCDPにより「気候変動Aリスト」に認定され、
2017年7月にSBTより、国内企業8社目として承認を受けている。

2.資源循環とサーキュラーエコノミー  / 3.自然共生(生物多様性)のいま

末次 貴英 (すえつぐ たかひで)
アミタ株式会社 環境戦略デザイングループ
グループリーダー

アミタ合流後、リサイクル工場の立ち上げや運営管理、地域資源循環モデルの構築、廃棄物リサイクルを始めとした総合的なソリューション提供に従事。現在は企業の環境戦略支援の提案やアウトソーシングの導入提案などを実施している。

お申し込み方法

お申し込みはお申し込みフォームもしくはFAXにて承っております。
ページ下部の注意事項を必ずご確認いただき、お申し込みください。

フォームによるお申し込み
以下のフォームに、必要事項をご記入の上、お申し込みください。

form.gif

FAXによるお申し込み
申し込み用紙を印刷し、必要事項をご記入の上、FAXにてお申し込みください。
PDFファイル申し込み用紙 (PDFファイル) / FAX:0800-919-1343(フリーコール)

※開催日、会場を必ずご確認の上、ご送信ください。
※フォームの送信や申し込み用紙のダウンロードができない場合は、ページ下部のアミタグループ お問い合わせ担当までご連絡ください。

参加証のお届け方法

お申し込み受け付け後、遅くとも開催1週間前までに参加証をメールまたはFAXにて送付いたします。当日は参加証とお名刺を持ってセミナー会場までお越しください。

注意事項

  • セミナーの録音、撮影はご遠慮ください。
  • テキストは会場でお渡しいたします。テキストの配布は参加者に限定いたします。
  • プログラム・講師は変更になる可能性がございます。
  • 開催可能な人数に満たない場合は、開催を中止、または延期させていただく場合がございます。
  • 同業の方、またはセミナー参加対象者でないと当社で判断した場合は、お断りする場合がございます。
  • お申し込み多数の場合は、抽選を実施するか、もしくは1社1名へ制限させていただく場合がございます。

お問い合わせ

アミタグループ お問い合わせ担当
TEL: 0120-936-083(フリーコール) / FAX: 0800-919-1343(フリーコール)
メールアドレス: contact@amita-net.co.jp
業務責任者: アミタ株式会社 環境戦略デザイングループ グループリーダー 末次 貴英

無料メールマガジン登録はこちら

ご依頼・ご相談はこちら

このページの上部へ