住友林業|女性活躍推進の取り組み~住友林業の女性目線開発プロジェクト~【後編】 | 企業の環境・CSR・サステナビリティ戦略に役立つ情報が満載!

環境戦略・お役立ちサイト おしえて!アミタさん
「おしえて!アミタさん」は、企業のCSR・環境戦略をご支援する情報ポータルサイトです。
CSR・環境戦略の情報を情報をお届け!
  • トップページ
  • CSR・環境戦略 Q&A
  • セミナー
  • コラム
  • 担当者の声

担当者の声

住友林業株式会社 護田 佳子 氏 / 幕田 絵理 氏 / 長井 芙未 氏住友林業|女性活躍推進の取り組み~住友林業の女性目線開発プロジェクト~【後編】

女性活用が社会的な課題になっている中、様々な企業で女性の管理職登用やダイバーシティへの取り組みが進められています。住友林業株式会社では、2013年よりスタートした「女性目線開発プロジェクト」の一環で、基幹事業である住宅事業で女性だけの商品開発が行われ、2015年4月に住宅商品「konoka」として発表されました。プロジェクトでは、様々な課題に直面しながらも2年の月日をかけ商品化と展示場建設を実現し、順調に売上を伸ばしています。プロジェクトで商品化を実現してきたメンバーのお話から、企業の女性活躍推進・ダイバーシティに関する取り組み方について考えます。

【前編】はこちら

※写真:konokaカタログより

社内の変化

sumirin2-002.jpg高橋:konokaでは、男女の考え方や物事の捉え方の違いを意識されながら、商品開発や社内プロモーションを進められてきましたが、プロジェクトを通じて社内にどのような変化がありましたか?

幕田氏:若手の営業担当者の中には、お客様となる女性、主に主婦層の方との接し方が分からないという社員もいますが、konokaはカタログを見るだけでイメージが伝わる商品になっていて、意図が伝わりやすい、という意見を聞きます。

護田氏:ある営業担当者が、担当する地域で人気の雑貨屋さんにkonokaにあう家具や雑貨を使わせてほしいと依頼し、住宅展示場をkonoka風に改装している事例も聞きました。女性のお客様に大変好評で、初回接客でも自然に会話がはずむそうです。雑貨屋さんからも「住宅業界も変わったね」と言われたそうで、イメージの共有が大事だと改めて感じています。

当社の季刊誌でkonokaを紹介した号では、制作担当者の思いきった計らいで人気の女性モデルを表紙と記事に起用し、素敵に暮らせる住まいを伝える仕立てにしました。建物よりモデルさんがメインに見えることなど今までなかったことですが、目には見えない"理想"という部分を表現することができていて、プロジェクトメンバーも感激しました。お客様に住んでいただいた時のイメージを持っていただく大切さが、社内に少しずつ浸透しているのかなと思います。

幕田氏:ある支店長が販売戦略にkonokaを取り上げ、住宅展示場として採用してくれました。30坪~40坪程の広さのモデルルームなので、来場いただくお客様には暮らしのイメージが湧きやすいようで、注文数が増えています。

長井氏:保険会社と共同で販促企画を立ててくれた社員もいました。女性向けのセミナーを開催し、保険のライフプランとkonokaを紹介するというものです。社員がkonokaに共感して、積極的に販売をしてくれるのは嬉しいですね。

高橋:konokaを通じて、男女の物事の捉え方の違いを理解し、お客様である女性によりイメージが伝わるように考えてもらえるようになったのは素晴らしいですね!

画像コメント:機関紙の表紙が変わった!少しずつ社内にも変化が!!

成功の秘訣

sumirin2-003.jpg高橋:konokaは何もない中から商品化までつなげ、お客様からの反響も大きく成功したプロジェクトではないかと思います。何が成功の秘訣なのでしょうか?

幕田氏:部署横断的だったからこそ、それぞれが最終的に自分の業務に繋げて考えることができた点が大きいと思います。ただ、成功といっても、プロジェクトを進める中で色々と迷うことや、メンバー同士でぶつかることもありましたし、決断しにくいことも多々ありました。立ち止まりそうになった時には徹底的に話し合い、その結果生の意見が多く取り入れられたことが良かったと思っています。

護田氏:また、メンバーが自発的に動いたことも成功の秘訣かと思います。年代の幅も広く、私も新しい視点に気づかされることがありました。大変なことも多かったですが得るものも大きかったです。

高橋:ゼロからのプロジェクトで方向性も分からない中、モチベーションを保ちながら熱心に取り組めたのはなぜでしょうか?

長井氏:周囲からの期待感でしょうか。期待に応えて商品を作りあげたいと一生懸命になれたと思います。

護田氏:プロジェクトを立ち上げた時に、実はスローガンを決めていたんです。「女性に最も愛される住宅メーカーになる!」 商品ではなく会社への想いを込めたことで、メンバーが一丸となれたのかもしれません。

画像コメント:販売サポートの立場からkonokaに関わってこられた長井氏

これから女性活躍を考える企業へ伝えたい事

sumirin2-001.jpg高橋:「女性の活躍」が社会的に注目され、これから取り組もうとする企業もあるかと思います。そんな企業の方にアドバイスをお願いします。

長井氏:女性だけのプロジェクトでしたが「女性目線」には立場や性格によって人それぞれの考え方があり、一言では表しきれませんでした。男性にも様々なライフスタイルがあるように女性も様々なのです。プロジェクトメンバーを全員女性にするというよりは、どのような女性をターゲットにするかという視点の方が、進みやすいかもしれません。

護田氏:男性、女性という考え方が今後はなくなるのではないかと思います。プライベートも含めたひとりひとりの「経験」を活かして、考え方を取り入れるという見方に変わっていくと思います。

画像コメント:konokaプロジェクトの護田氏、幕田氏、長井氏と一緒に。

プロフィール

護田 佳子 氏
住宅事業本部 技術商品開発部 商品開発グループ マネージャー
一級建築士

神戸支店、多摩支店にて設計担当。その後、本部で商品開発に携わり現在に至る。
商品企画、部材開発を担当。

幕田 絵理 氏
住宅事業本部 人財開発部 係長

住宅事業本部の埼玉東支店で住宅営業を担当後、法人営業に携わったのち現職。
住宅営業担当者の研修・育成を担当。

長井 芙未 氏
住宅事業本部 営業推進部 法人営業グループ

横浜北支店にて住宅営業を担当の後、現在は本部で法人営業の業務に携わり現在に至る。
提携法人の社員向けに、住宅関連の販売促進を行う。
主に広告とWEBを担当。

インタビュアー

takahashi003.jpg高橋 泰美(たかはし ひろみ)
アミタ株式会社
環境戦略デザイングループ 環境戦略支援チーム

2005年7月に入社し、企業の廃棄物管理に関するソリューション営業やエコ活動に関する企画提案など行う。その後三度の出産、育児休業を経て、2014年4月より復職。現在は企業の持続可能な戦略立案の提案や環境CSR活動の支援等を行っている。仕事、家事、三人の子育てに日々奮闘中。

無料メールマガジン登録はこちら

ご依頼・ご相談はこちら

このページの上部へ