提出期限6月30日から10月31日へ延長!多量排出事業者の廃棄物処理計画及び実績に関する報告書、マニフェストの交付等状況報告書など【令和2年廃棄物処理法、特例解説!】 | 企業の環境・CSR・サステナビリティ戦略に役立つ情報が満載!

環境戦略・お役立ちサイト おしえて!アミタさん
「おしえて!アミタさん」は、企業のCSR・環境戦略をご支援する情報ポータルサイトです。
CSR・環境戦略の情報を情報をお届け!
  • トップページ
  • CSR・環境戦略 Q&A
  • セミナー
  • コラム
  • 担当者の声

コラム

提出期限6月30日から10月31日へ延長!多量排出事業者の廃棄物処理計画及び実績に関する報告書、マニフェストの交付等状況報告書など【令和2年廃棄物処理法、特例解説!】BUNさんの「元・行政担当者が語る 廃棄物管理のイロハ」

200521_1.png2020年(令和2年)5月15日に廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行規則の特例が公布されました。新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、廃棄物処理法上、一定の期限までに履行しなければならない義務の一部について、その履行が困難になっている状況を踏まえ、緩和措置が取られています。

今回は515日に即日施行となる年次報告等に関する特例について解説します。

本コラムの一覧はこちら

新型コロナウイルス感染症に対処するための廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行規則の特例を定める省令の施行について(通知)

6月末の年次報告等の提出期限の延長について

BUN:こちらはもう解説するまでもないかもしれませんね。内容は、下記の通りです。

次の報告等の提出期限は、通常毎年度6月末までとされているが、令和2年度に提出する報告等については、令和2年10月末まで延長。

BUN:再生利用、広域的な処理については、聞きなじみがないかもしれませんが、再生利用制度や広域認定制度などを利用されている方が該当します。

アミタ石田:新型コロナウイルス感染症の感染拡大による影響で、在宅勤務(リモートワーク)や事業所の閉鎖などをせざるを得ないこともありますので、これらの提出期限が延期されるかどうかについてはずっと気になっていました。こうした措置が出て安心しました。何か注意点はありますか?

年次報告等の期限の延長に関する3つの注意点

BUN:そうですね。簡単な留意点も含めて、3点あります。

  1. 令和2年度の報告に限り適用される点
  2. 集計期間等、内容の変更はない点
  3. 報告可能な期間が4月1日~10月31日までになるという点

BUN:まず、1点目は、今回の特例は「令和2年度」に限るとされているということです。現時点(2020年5月21日)では、来年(令和3年度)の報告については、従来通り「6月30日まで」となります。条文にも明記されています。

▼新型コロナウイルス感染症に対処するための廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行規則の特例を定める省令(令和2年環境省令第 16 号)より

(多量排出事業者の廃棄物処理計画に関する特例)
第七条
令和二年度の産業廃棄物の減量その他その処理に関する計画に係る規則第八条の四の五及び第八条の十七の二の規定の適用については、これらの規定中「六月三十日」とあるのは、「十月三十一日」とする。

BUN:2点目は、期限は延長しますが、内容の変更はないということですね。実績の報告については、従来通り、3月31日以前の1年間の実績について報告するということになります。多量排出事業者の処理計画についても、翌年4月1日以降の1年間の予定ということになります。あくまで変更になったのは期限のみです。

▼令和2年環境省令第16号 実績の報告に関する図説(アミタ株式会社作成)

200521_image005.png

BUN:3点目は、「10月末まで」にということですので、2020年の4月1日~10月31日までの間なら、提出が可能ということです。

アミタ石田:なるほど、今は5月ですし、既に提出されている方もいらっしゃるかもしれませんね。

BUN:はい、極端に言えば、集計期間の翌日である4月1日からでも提出が可能です。(実際、1日で報告書をまとめるというのは現実的には難しいですが...)また、あくまで私見ですが、受け取る側である自治体の窓口が新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響で一時的に閉鎖されるということも考えられますので、そうした点も考慮されての期限延期の改正ではないでしょうか。

アミタ石田:なるほど。ありがとうございました。期限が伸びたからと言って油断せず、取り組みたいですね。

関連記事

報告書作成に必要な廃棄物管理データをしっかり管理「Smart マネジメント」

smdl1.png

※詳しくはこちら「Smart マネジメント

講師プロフィール(執筆時点)

長岡 文明 (ながおか ふみあき)
アミタ株式会社 特別顧問

山形県にて廃棄物処理法、廃棄物行政、処理業者への指導に長年携わり、行政内での研修講師も務める。2009年3月末で山形県を早期退職し、廃棄物処理法の啓蒙活動を行う。廃棄物行政の世界ではBUNさんの愛称で親しまれ、著書多数。元・文化環境部循環型社会推進課課長補佐(廃棄物対策担当)。

聞き手プロフィール(執筆時点)

amita_ishida77.png石田 みずき(いしだ みずき)
アミタ株式会社

サステナビリティ・デザイングループ マーケティングチーム

滋賀県立大学環境科学部を卒業後、アミタに入社。メールマガジンの発信、ウェブサイトの運営など、お役立ち情報の発信を担当。おしえて!アミタさんへの情熱は人一倍熱い。

BUNさんの「元・行政担当者が語る 廃棄物管理のイロハ」 の記事をすべて見る

無料メールマガジン登録はこちら

ご依頼・ご相談はこちら

このページの上部へ