世界循環経済フォーラム2018から見えた循環経済(サーキュラーエコノミー)の課題と展望とは?【前編】 | 企業の環境・CSR・サステナビリティ戦略に役立つ情報が満載!

環境戦略・お役立ちサイト おしえて!アミタさん
「おしえて!アミタさん」は、企業のCSR・環境戦略をご支援する情報ポータルサイトです。
CSR・環境戦略の情報を情報をお届け!
  • トップページ
  • CSR・環境戦略 Q&A
  • セミナー
  • コラム
  • 担当者の声

CSR・環境戦略Q&A

世界循環経済フォーラム2018から見えた循環経済(サーキュラーエコノミー)の課題と展望とは?【前編】

WCEF2018

2018年10月22-24日、Sitra※1主催の第2回世界循環経済フォーラム(WCEF2018※2)が横浜で開催されました。64カ国、1,100人以上の専門家や企業人が一堂に会し、循環経済(サーキュラーエコノミー)の構築のために自らが行っていること、また2050年までに真の循環経済を創出するために必要なこと等について、熱い議論を交わしました。

そこで、今回は、前編と後編の2回に分けて、フォーラムで共有された重要ポイントをご紹介します。前編では、2050年に向けたビジョンについてご紹介します。

WCEF2018_002.jpg※1 Sitra:Finnish Innovation Fund Sitra フィンランド・イノベーション基金 Sitra

※2 WCEF2018:World Circular Economy Forum 世界循環経済フォーラム
第2回フォーラムでは合計17の全体会合ならびに同時セッションが行われ、100名以上の登壇者がビジネス、都市、金融に関する優れた循環経済方策を発表しました。パラレルセッションでは、循環経済と第4次産業革命とのつながり、食品ロス、金融と投資、ビジネスソリューション、ライフスタイルと消費、プラスチック、教育、気候変動と持続可能な消費、研究と開発、地方の活性化、グローバルバリューチェーンといったテーマが扱われました。さらに、本フォーラムに並行して、閣僚級会議といった関連会合、ネットワーキング会合、二国間協議が開催されています。第1回WCEFは、2017年6月5日〜7日にフィンランド・ヘルシンキにて Sitra の主催で開催されました 。

(写真は当日の会場の様子)

2050年に向けたビジョンを発表!

WCEF2018_004.jpgフォーラムでは、循環経済への転換に向けた「現状の課題」として以下の3つが指摘されました。

  1. 世界における循環経済に関する共通ビジョンの欠如
  2. 循環経済がビジネス、貿易、雇用創出に貢献することに対する認識
  3. より強力なリーダーシップの存在と協力体制の創出

また、今後の企業活動には資源の有限性を考慮した循環経済への、即時的な行動が求められるという予測とともに、循環経済への即時的行動の機運を高めるため、以下の2つの目標が定められています。

  • 線形経済※3から循環経済への移行の中で顕出した課題の認識
  • 循環経済を具体的に体現するためのパートナーシップの形成

※3 線形経済:製品も原材料も一度の使用で埋立地に送られ、また製造工程も、採取→消費→廃棄という一方通行でのみ最適化される経済を指します。

(写真は当日の会場の様子)

<2050年に向けた循環経済アプローチによる将来像>

テーマ 循環経済アプローチによる将来像
天然資源と製造
  • 製品設計においては製品のライフサイクルを考慮し、3Rアプローチ、アップサイクル(元の製品よりも価値を高めるよう加工すること)アップグレード、保守作業を通じて中古製品の価値を維持する。
  • 製造業や農業といった産業において、クローズドループ(使用済み製品を材料として再利用する)の仕組みを活用し、必要とする分以上の副産物の発生を回避する。
  • 国際的なグローバルチェーンは、デジタル技術と自動化によって最適化される第4次産業革命によって改善し、廃棄物の問題を解決する。
輸送とサービス
  • 汚染物質を発生しない革新的な車両を使用した、アクセスが容易で便利、かつ必要に応じて提供されるサービスが誕生する。
  • 高速の接続性とデジタル通信により、資産を所有せずとも必ずサービスが利用できる。
  • 新たな原材料と生化学により資源効率の高い車両、燃料、およびインフラの生産が実現する。
食料と暮らし
  • 市民が自ら、再生可能エネルギーを利用した生産、保護、消費について主体的に参加し、共同生活を営むことが新たな規範となる。
  • 都市と地方の効率性に優れた生物資源の循環と革新的な生産により、地元で生産された食品が全ての人々に提供され、土壌の肥沃さが持続可能な水準に保たれる。
  • 特定の地域に豊富にある再生可能な原材料が、再利用可能で低炭素排出のクローズドループで生産されたコンクリート、アルミ、鉄鋼と共にモジュラー式建設に使用される。
プラスチック
  • 再資源化プラスチック等、未使用の化石燃料の代替として、再資源化した原材料を使用した生産を行うことにより、消費行動の大部分として再利用がさらに浸透する。
  • 生物由来のプラスチックといった持続可能な物資の使用へ移行する。
  • 海域や陸域にプラスチックが廃棄されず、本来の清潔な環境となる。
能力開発
  • 教育を、生涯を通じた学習と再教育の旅と捉える。人々の技能と能力の価値を全面的に認識し、個人の収入を得る手段としてだけでなく、人生の目標となる職業を提供する社会となる。
  • あらゆる職種に就いているすべての人々にとって、学校や教育機関は多様な知識と「もったいない精神」のような価値観を創造・拡充する場となる。
  • 相互的・分野横断的な学習方法が公共・民間の両セクターに認識されるとともに支援を受けて主流となる。イノベーションと研究開発(R&D)への資金投入と支援が増加する。

参考:国際持続可能開発研究所(IISD)_WCEF Bulletin

では、各企業は具体的にどのような行動を起こせばよいのでしょうか。課題の克服に向けた好事例としては、脱プラスチックに関する取り組みなどが挙げられます。後半では各企業の事例をご紹介します。

参考情報

WCEF Webサイト
国際持続可能開発研究所(IISD)_WCEF Bulletin

貴社の環境戦略をともに持続可能なものへ!アミタの支援サービス「The Sustainable Stage (TSS)」

171206_tss.png.jpgアミタの支援サービス「The Sustainable Stage」では、廃棄物管理を始め、脱炭素にかかる施策(CDP質問書への回答、SBT、RE100への取組み・実践体制の構築、支援など)、SDGs、生物多様性、バイオマス発電など企業の持続可能性を環境面から支えるための支援を行っています。
アミタの環境戦略支援サービスのご案内は、こちらから。

執筆者プロフィール(執筆時点)

amita-shojima.png正島 康博(しょうじま やすひろ)
アミタ株式会社
環境戦略デザイングループ 環境戦略デザインチーム

大学卒業後、教育関連会社、学習・就労支援NPO法人を経て現職。以前から関心をもっていた自然資本と人間関係資本の増加ついて、その視座で持続可能な社会の構築を目指すというミッションに共感しアミタに入社。現在は企業向けのコンサルティング業務として、廃棄物処理のスキーム構築、CO2排出量削減を中心とした環境戦略の策定支援、社内にてサステナビリティ意識の醸成を目的とした研修の企画・実施などを担当。

無料メールマガジン登録はこちら

ご依頼・ご相談はこちら

このページの上部へ