【事業変革最前線!】 情報・技術・資源の「最適化」で叶える "SX(サステナビリティ・トランスフォーメーション)"セミナー | 企業のサステナビリティ経営・自治体の町づくりに役立つ情報が満載!

環境戦略・お役立ちサイト おしえて!アミタさん
「おしえて!アミタさん」は、未来のサステナビリティ経営・町づくりに役立つ情報ポータルサイトです。
CSR・環境戦略の情報を情報をお届け!
  • トップページ
  • CSR・環境戦略 Q&A
  • セミナー
  • コラム
  • 担当者の声
  • トップページ
  • セミナー
  • Web
  • 【事業変革最前線!】 情報・技術・資源の「最適化」で叶える "SX(サステナビリティ・トランスフォーメーション)"セミナー

セミナー

【事業変革最前線!】
情報・技術・資源の「最適化」で叶える
"SX(サステナビリティ・トランスフォーメーション)"セミナー

   210312_seminar_bannar2_L.jpgkakusya_logo.png本セミナー・鼎談の要点をまとめた資料を2021年12月末までの期間限定で無料公開いたします!
サステナビリティ推進担当、経営企画、事業開発部門の方は必見の資料となっていますので、ぜひ業務にお役立てください。詳細はこちら

廃棄物管理業務の3大課題を劇的改善!セミナーのコピーのコピー (11).png

3社共催!情報・技術・資源の「最適化」で叶える
SX(サステナビリティ・トランスフォーメーション)セミナー

 今、時代は大転換期を迎えています。脱炭素・脱プラスチック等の環境制約、ブロックチェーンや量子コンピュータといった技術革新、新型コロナウイルス感染症のパンデミックにより変容した価値観や働き方など、事業を取り巻く社会環境や前提条件が大きく変化する中で、どうすれば企業は新たな価値を創出し続け、その存在意義を発揮し続けることができるのでしょうか?

 そのキーワードの1つが「最適化」です。
企業の持続性(稼ぐ力)と社会全体の持続性向上の両立を図る企業経営の最適化。
情報技術を駆使したヒトやモノ、経営資源の配置の最適化。
地域単位で事業環境を捉え、課題解決に取り組む都市活動の最適化。
環境制約やカントリーリスクを踏まえ、あらゆる無駄を価値に変える資源循環の最適化。

 不確実で不安定な事業環境下では、このような難易度の高い「最適化」を繰り返し実行できるかどうかが、持続的な価値創出の鍵となります。今回は、それぞれの分野で最適化による企業変革や社会のリデザインを志す企業が集い「サステナビリティ」と「最適化」をテーマとする鼎談を開催いたします。
 サステナビリティ推進担当、経営企画、事業開発部門の方におすすめです。是非、ご参加ください。

対象

  • サステナビリティ推進部門の担当役員・責任者・メンバーの方
  • 経営企画・事業開発・イノベーション推進部門等の担当役員・責任者・メンバーの方

プログラム

第1部 【企業経営の最適化】
    DXより重要なSX(サステナビリティ・トランスフォーメーション)とは何か?

    SXとはなにか?/SXがもたらす価値と課題/SX実現のためのデジタル化、データ活用   
    等の解決策/エコシステムを支えるプラットフォーム像/等々
    講師:NTTコミュニケーションズ株式会社 エバンジェリスト 林 雅之 氏

第2部 【人・モノ・作業の最適化】
    量子コンピュータが実現する経営資源の最適配置と、データ解析がもたらす都市活動の
    最適化

    なぜ今、量子コンピュータが熱いのか?/量子コンピュータがもたらすもの
    (成果を上げたビジネス利用事例)/街にある課題を見える化する「City as a   
    Service」とは?/ 街の動きを捉えた事業分析が新たな価値創造のカギになる / 等々
    講師:株式会社グルーヴノーツ City as a Service 準備室長 山本 圭 氏

第3部 【資源循環の最適化】
    資源の最適運用と価値創出の最大化~サーキュラーエコノミーの最新動向

    持続可能なビジネスモデルとは?/サーキュラーエコノミーの本質(実践事例と解説)/
    サプライチェーンの価値創出を最大化する3つのポイント / 等々
    講師:アミタ株式会社 代表取締役 末次 貴英

第4部 【3社鼎談】
    企業の「サステナビリティ」と「最適化」について

    ●情報が新たな価値を生み、生み出された価値が新たな情報を生む。
    「最適化」が繰り返されるような価値創出の反復・連鎖は成しえるのか?

    ●価値創出の源泉、企業ミッション・企業文化性の重要性と求められる再構築

開催概要

開催日

2021年4月15日(木)14:00~15:45

参加費

無料

参加方法

本セミナーはオンライン開催となります。開催日までに、配信URLをメールでお送りいたします。
共催

NTTコミュニケーションズ(株)、(株)グルーヴノーツ、アミタ(株)

講師プロフィール

nttcomu_hayashi.png 林 雅之(はやし まさゆき)氏
 NTTコミュニケーションズ株式会社
 エバンジェリスト

データプラットフォームサービス部にてマーケティング等を担当。国際大学GLOCOM客員研究員。総務省 AIネットワーク社会推進会議 構成員(2016-2018)。主な著書に『イラスト図解式この一冊で全部わかるクラウドの基本』(SBクリエイティブ)、『スマートマシン 機械が考える時代』(洋泉社)など。ビジネス+ITに「サステナビリティ・トランスフォーメーション(SX)」などをテーマに寄稿。

groove_yamamoto.png 山本 圭(やまもと けい)氏
 株式会社グルーヴノーツ
 City as a Service 準備室長

大手通信事業者でインターネット・クラウド関連商品の開発に従事。2014年よりGoogle Cloud JapanにてGCP事業に携わる。データ関連事業での起業を経て、2020年よりグルーヴノーツに参画。City as a Service準備室長として、街のデータに価値を与える「City as a Service(シティ・アズ・ア・サービス)」をはじめとした新規事業開発および営業戦略の支援などを幅広く実施。データ・AIの活用などの案件の経験を多く持っている。

amita_suetsugu.jpg 末次 貴英(すえつぐ たかひで)
 アミタ株式会社
 代表取締役

アミタグループ合流後、再資源化拠点の立ち上げや運営管理、地域資源循環モデルの構築、廃棄物リサイクルを始めとした総合的なソリューション提供に従事。2019年より取締役執行役員として、これまで培った事業開発・顧客開拓・製造現場運営・企業営業の経験を活かし、企業の環境戦略支援事業を牽引。2020年より、現職。

お申し込み方法

受付を終了いたしました。

※ご記入いただいた個人情報は、NTTコミュニケーションズ(株)、(株)グルーヴノーツ、アミタ(株)の3社に提供されます。ご記入いただいた情報へ各社からのご案内をお送りする場合がございます。予めご了承ください。

関連情報

廃棄物管理業務の3大課題を劇的改善!セミナーのコピーのコピー (11).png
本セミナー・鼎談の要点をまとめた資料を2021年12月末までの期間限定で無料公開いたします!
サステナビリティ推進担当、経営企画、事業開発部門の方は必見の資料となっていますので、ぜひ業務にお役立てください。

注意事項

  • 本セミナーは、持続可能な経営を目指す企業の方を対象としております。コンサルティング会社の方のお申し込みはご遠慮ください。
  • 講義の録音・録画・スライド等の撮影はご遠慮ください。 
  • 本説明会はZoom ビデオ会議を使用します。インターネット接続が可能なPC等をご用意ください。また、システム環境についてはこちらをご確認ください。
  • 開催日までに、弊社指定のZoom URLをメールでお送りいたします。

お問い合わせ

アミタグループ お問い合わせ担当
メールアドレス: seminar@amita-net.co.jp
業務責任者: アミタ株式会社 代表取締役 末次 貴英

無料メールマガジン登録はこちら

ご依頼・ご相談はこちら

このページの上部へ