新任環境ご担当者に関する情報や、サステナビリティ経営・町づくりのQ&Aをご紹介

環境戦略・お役立ちサイト おしえて!アミタさん
「おしえて!アミタさん」は、未来のサステナビリティ経営・町づくりに役立つ情報ポータルサイトです。
CSR・環境戦略の情報を情報をお届け!
  • トップページ
  • CSR・環境戦略 Q&A
  • セミナー
  • コラム
  • 担当者の声

Q&A

 

「新任環境ご担当者」 に関する記事一覧

このページでは、新任環境ご担当者についての業務に役立つ記事をまとめて掲載しています。
このテーマについての関心が高い場合は、このページをブックマークしてお使いください。

産業廃棄物管理票交付等状況報告書の記入方法と注意点 初心者向け

様式第三号

本記事では、産業廃棄物管理票交付等状況報告書の記載内容とその記入方法の解説、またこれまでにいただいたよくある疑問を紹介し、それについて解説します。

都道府県、政令市、中核市・・・産業廃棄物の許可自治体が変更された時、担当者が気を付けないといけない2つのポイント 初心者向け

Some rights reserved by amtec_photos

政令指定都市や中核市が増えると、企業によっては廃棄物処理業の許可自治体が変更となる場合があります。そんな時産廃担当はどこに注意すればよいか、事業所がある場合、処理施設や積替え保管施設がある場合の2つの観点から具体的に解説します。

会社情報に変更があった場合、廃棄物処理委託の再契約は必要?具体例をもとに解説! 初心者向け

Some rights reserved by
LucasTheExperience

社名や代表者の変更、本社や排出事業所の住所変更、また合併された、会社分割を行った場合等々・・・具体的な事例を用いて排出事業者、処理会社それぞれの立場で分かりやすく解説します。

2021年、現地確認の義務化自治体とその実施方法に関する自治体見解、最新動向! 初心者向け

排出事業者が、自社の産業廃棄物の処理を委託している先を訪問し、適正な処理が行われているかどうかを確認する「現地確認(実地確認と呼ばれるケースもあり)」。廃棄物処理法では、廃棄物の処理の状況に関する確認は努力義務とされており、実施が義務付けられているわけではありません。しかし、自治体によっては、条例や要綱で「実地の確認」を義務付けている場合があり、実施の方法や頻度などを確認しておく必要があります。現状はどのような傾向が見られるのか、そして、テレビ会議システムを利用した遠隔での確認は有効か。各自治体の動向を調査しました。

気候変動による影響は?IPCC第6次報告書の将来予測とは 初心者向け

Image by Markus Spiske from Unsplas

世界各地で急な大雨や洪水、猛暑など異常気象による被害が増えてきた昨今、気候変動の...

「おしえて!アミタさん」では、新任環境ご担当者などについての環境業務に役立つ情報をQ&Aやコラムとして毎日更新中です。更新情報はメールで配信していますので、ぜひご利用ください。

無料メールマガジン登録はこちら

ご依頼・ご相談はこちら

このページの上部へ