コラム | 企業のサステナビリティ経営・自治体の町づくりに役立つ情報が満載!

環境戦略・お役立ちサイト おしえて!アミタさん
「おしえて!アミタさん」は、未来のサステナビリティ経営・まちづくりに役立つ情報ポータルサイトです。
CSR・環境戦略の情報を情報をお届け!
  • トップページ
  • CSR・環境戦略 Q&A
  • セミナー
  • コラム
  • 担当者の声

コラム

注目コラム

コラム一覧

第十二回 脱炭素経営の実現に向けたトランジション・ストラテジーとビジネスモデル手法の解説トランジション・ストラテジー(移行戦略)のすすめ ~循環型ビジネスの実現~

本コラムでは、包括的に脱炭素経営を実現し、企業価値を高めるビジネスモデルを創出するために必要不可欠なトランジション・ストラテジー(移行戦略)の具体的手法を解説します。

第十一回 脱炭素移行戦略を実現する「トランジション・ファイナンス」とは?トランジション・ストラテジー(移行戦略)のすすめ ~循環型ビジネスの実現~

パリ協定の目標を達成し、脱炭素社会を実現するためには、2040年までに世界累計で約7,370兆円規模の投資額が必要とされています。本コラムでは、脱炭素の実現において不可欠とされる金融からのアプローチである「トランジション・ファイナンス」について、循環型ビジネスの実現のためにどのように活用していくべきかを解説します。

TNFDはFDI(対内直接投資)獲得の絶好のチャンス。日本企業はネイチャー・ポジティブを「お家芸」に育てるべし!本多清のいまさら聞けない、「企業と生物多様性」

Image by Myléne from Pixabay

国際的な環境フレームワークであるTCFD(気候関連情報開示タスクフォース)の生物多様性版として始動したTNFD(自然関連情報開示タスクフォース)。実は日本の企業にとっては"外資獲得のビッグチャンス"ともいえるのです。今回はそれを分かりやすく解説していきます。

第十回 どのようにサーキュラーエコノミーを自社に取り込むのか?トランジション・ストラテジー(移行戦略)のすすめ ~循環型ビジネスの実現~

これまでの連載にて、循環型ビジネスモデルの設計においては、サーキュラーエコノミーを実現することが大切となることをお伝えしました。 そこで今回は、既存事業を循環型ビジネスモデルへ移行する際のポイントをバタフライダイアグラムに照らし合わせて解説します。

第九回 TNFDとは? TNFDへの対応はESG経営への移行戦略を加速させるトランジション・ストラテジー(移行戦略)のすすめ ~循環型ビジネスの実現~

国際的な環境フレームワークであるTCFD(気候関連財務情報開示タスクフォース、以下TCFD)の生物多様性版として始動したTNFD(自然関連財務情報開示タスクフォース、以下TNFD)。 企業はTNFDとどのように向き合い、取り組むことで新たな時代のESG経営への移行戦略を構築すればよいのでしょうか。今回はその概要と方向性を解説します。

無料メールマガジン登録はこちら

ご依頼・ご相談はこちら

このページの上部へ