FSC(R)森林認証をご存知でしょうか? | 企業の環境・CSR・サステナビリティ戦略に役立つ情報が満載!

環境戦略・お役立ちサイト おしえて!アミタさん
「おしえて!アミタさん」は、企業のCSR・環境戦略をご支援する情報ポータルサイトです。
CSR・環境戦略の情報を情報をお届け!
  • トップページ
  • CSR・環境戦略 Q&A
  • セミナー
  • コラム
  • 担当者の声

コラム

FSC(R)森林認証をご存知でしょうか?おしえて!アミタさんブログ

ninnsyou.jpg「森林認証」と聞くと、林業を行っている事業体のみが対象と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、実はそうではありません。FSC森林認証は、ほとんど全ての会社に関係しますし、個人の生活にも関わる制度です。例えば、普段何気なく使っている紙、これは原料の大半が木材です。紙一枚の選び方が、地球の森林の行方を左右する、と言っても過言ではないのです。

FSC森林認証制度とは
森林が環境面や社会面において適切に管理されているかどうかを第三者機関が審査し、基準を満たしている森林を認証する制度です。 また、木材製品・紙製品の生産・流通業者に対しても、認証された森林から生産された製品を、他の製品ときちんと分けて生産、流通させているかを審査し、認証します。これにより、認証された森林から生産された製品のトレーサビリティを明確にし、ユーザーに届けることができるのです。
▼詳細はアミタ環境認証研究所ウェブサイトをご覧ください。
http://www.aiec-net.co.jp/

紙・木材を使うことでのCSR
紙を使う立場の企業としては、そのような責任ある管理がなされた製品を選択して利用することが、CSRとして求められています。例えば、コピー用紙をFSC認証紙に変える、会社案内等の印刷物にFSC認証紙を使用するよう印刷会社に依頼する、という方法があります。また、レタートレーやマウスパッド、オフィス机や応接家具等、会社で購入する備品にFSC認証木材製品を取り入れることで、特に応接室など社外の方に見られる場所では、CSRに取り組む姿勢を具体的にアピールできるというメリットもあります。

mori.JPG個人の生活においても同じように、例えば家庭で使うティッシュペーパーやプリンター用紙にFSC認証紙を選ぶ、日曜大工で使う木材をFSC認証木材にする等の方法があります。 また多くの人にとって人生一度の買い物となる家を建てる時に、FSC認証木材を使用すれば、その家で暮らしていること自体が森林のためになっている、という、その後の生活の満足感につなげることもできます。

一社一社、一人ひとりの活動が、世界の森林とそこにすむ生物たちの多様性の保全につながり、その森林に頼って暮らす人たちの生活を守ることにつながるのです。ぜひ、身近なところから新たな取り組みの第一歩を踏み出して下さい。

FSC-SECR-0095
©1996 Forest Stewardship Council A.C.
セミナー情報
おしえて!アミタさんブログ の記事をすべて見る

無料メールマガジン登録はこちら

ご依頼・ご相談はこちら

このページの上部へ