企業がFSC(R)森林認証紙を使うメリットはなんでしょうか? | 企業の環境・CSR・サステナビリティ戦略に役立つ情報が満載!

環境戦略・お役立ちサイト おしえて!アミタさん
「おしえて!アミタさん」は、企業のCSR・環境戦略をご支援する情報ポータルサイトです。
CSR・環境戦略の情報を情報をお届け!
  • トップページ
  • CSR・環境戦略 Q&A
  • セミナー
  • コラム
  • 担当者の声

CSR・環境戦略Q&A

企業がFSC(R)森林認証紙を使うメリットはなんでしょうか? 初心者向け

グリーン調達の明示・サプライチェーンマネジメント・デューデリジェンス(自社が社会に与えるマイナスの影響を客観的に把握し、これを軽減する施策を行なうこと)などに役立ちます。また、環境配慮促進法やグリーン購入法などの影響で、自治体・企業の入札評価や購買調達基準にもつながってきています。

FSC森林認証

FSC森林認証製品を選ぶことで、違法伐採や環境破壊に加担することなく、持続的な森林経営や林業を間接的に支援することが出来ます。FSC森林認証は、以下の3つの事項を柱にした認証制度で、認証を受けた製品の利用は、企業のCSRを全うする手段の一つといえます。

  1. 環境への適切な配慮(貴重な動植物を保護する、生態系保護区を設ける、土砂流出の防止や河川の保全に努める、化学薬品の使用を必要最小限に抑える など)
  2. 社会的な便益の発揮(法律・規則を守る、地域社会と良好な関係を築く、働きやすい場所を働きやすい場所を提供する など)
  3. 経済的な継続性の確保(長期の収穫・収入計画を立てる、廃材を極力押さえ木材を最大限に活用する、水資源・漁場を維持する など)
認証していない紙に潜むリスク

認証を受けていない一般の紙は、どこのどういった管理をされた木材からできたものか、明記されていないのが普通です。そのため、悪気はなくとも、知らないうちに違法伐採された木材や、生態系を破壊している森の資源を利用してしまっている可能性があります。

日々、大量に使用し、お客様の目にも触れるものだからこそ、しっかりとした審査のもとで認証された、環境や地域にも配慮した持続的な森林資源の利用をおすすめいたします。最近は認証紙もそれ以外の用紙も、価格はほとんど変わりません。CSRレポートだけでなく、製品カタログやパンフレット、コピー用紙、名刺やノートなどに取り入れている企業も多くあります。 なお、FSC認証製品にはFSCトレードマークをつけることが出来ます。

セミナー情報

無料メールマガジン登録はこちら

ご依頼・ご相談はこちら

このページの上部へ