コケによる屋上緑化は、芝生に比べて、どんなメリットがあるのでしょうか? | 企業の環境・CSR・サステナビリティ戦略に役立つ情報が満載!

環境戦略・お役立ちサイト おしえて!アミタさん
「おしえて!アミタさん」は、企業のCSR・環境戦略をご支援する情報ポータルサイトです。
CSR・環境戦略の情報を情報をお届け!
  • トップページ
  • CSR・環境戦略 Q&A
  • セミナー
  • コラム
  • 担当者の声

CSR・環境戦略Q&A

コケによる屋上緑化は、芝生に比べて、どんなメリットがあるのでしょうか?

Some rights reserved. Photo by kimubert

コケによる屋上緑化は、まだ広くは知られていない技術ではありますが、芝による緑化と比較して一般的に以下のような特長があります。


軽量である
芝による緑化と違って土壌を必要としないため、超軽量での緑化が可能です。これによって、傾斜した屋根や壁面など、さまざまな場所の緑化に使うことができます。

メンテナンスが不要
スナゴケは環境の変化に強く、芝で必要な水遣り、施肥、刈り込み、除草などが不要です。そのため、人が簡単に上がることのできない屋上などの緑化に適しています。

低コスト
施工が容易で寿命も長く、また建築物への負担もかからないため、初期投資が少なくランニングコストが低く済みます。


こうした特長があり、温暖化・ヒートアイランド化の抑制に効果があるコケ緑化については、今後は屋上の緑化の有力な選択肢として認知されていくと思われます。

関連情報

無料メールマガジン登録はこちら

ご依頼・ご相談はこちら

このページの上部へ