「グリーン電力証書システム」とは何ですか? | 企業の環境・CSR・サステナビリティ戦略に役立つ情報が満載!

環境戦略・お役立ちサイト おしえて!アミタさん
「おしえて!アミタさん」は、企業のCSR・環境戦略をご支援する情報ポータルサイトです。
CSR・環境戦略の情報を情報をお届け!
  • トップページ
  • CSR・環境戦略 Q&A
  • セミナー
  • コラム
  • 担当者の声

CSR・環境戦略Q&A

「グリーン電力証書システム」とは何ですか? 初心者向け

まずはじめに、グリーン電力についてご説明します。 グリーン電力とは、太陽光・風力・バイオマス・水力・地熱等の再生可能エネルギーで発電された電力(環境負荷の低い電力)を指し、以下の特徴を持っています。

  1. 有限な資源である化石燃料を消費しない
  2. 持続的な利用が見込まれ、エネルギーの安定供給に貢献する
  3. 一般に地球温暖化の原因となる温室効果ガスや、地球環境に悪影響を与える有害ガスの発生がゼロか極めて小さく、環境に与える負荷が小さい

そして、グリーン電力を利用できる仕組みが「グリーン電力証書システム」です。 グリーン電力発電設備として認定を受けた施設で発電された電力の環境付加価値を「グリーン電力証書」として具体化し、この証書を購入することで、「電力需要家(企業・自治体・団体・一般消費者等)」もグリーン電力を利用したとみなせます。

green_energy.png

そもそも私達は、日常生活で洋服、家具、食料などについては品質、産地、価格等を考慮して購入していますが、電気は選ぶことができませんでした。しかし、このグリーン電力証書システムを利用することで、事務所や工場で使用する電力をグリーン電力に置き換えることができます。このシステムの大きな利点は以下の2点です。

  1. 積極的に地球・環境活動に貢献したい需要家が、この証書を購入することで事業活動の環境負荷を低くできる
  2. 証書販売代金はグリーン電力発電設備に還元され、発電設備の維持・普及促進につながる

また、以前「おしえて!アミタさんメールマガジン」で実施した「グリーン電力利用に関するアンケート」では、実際に購入されている企業のご担当者様から、「広報・PR効果がある」、「社員の環境意識が高まった」などのメリットがあるとの声を頂戴しました。

その他にもCSR報告書への記載や、ISO14000シリーズの取得・更新にも利用できます。 この仕組みは、日本では元々民間の自主的な取り組みとして2001年から始まりました。

グリーン電力に対する認知度の向上や信頼度の向上を目的とし、一般社団法人日本エネルギー経済研究所グリーンエネルギー認証センターが中心となって、発電設備や、設備から発電される電力の認証審査を行っています。 一部公的報告制度にも活用されており、今後さらなる需要が見込まれる注目の電力です。

【参考ウェブサイト】 グリーンエネルギー認証センター http://eneken.ieej.or.jp/greenpower/jp/index.html

※本記事は、2010年6月17日に掲載した記事を再編集し、内容を一部更新して掲載しています。

無料メールマガジン登録はこちら

ご依頼・ご相談はこちら

このページの上部へ