含水率の高い汚泥を乾燥させるにはどのような方法がありますか? | 企業の環境・CSR・サステナビリティ戦略に役立つ情報が満載!

環境戦略・お役立ちサイト おしえて!アミタさん
「おしえて!アミタさん」は、企業のCSR・環境戦略をご支援する情報ポータルサイトです。
CSR・環境戦略の情報を情報をお届け!
  • トップページ
  • CSR・環境戦略 Q&A
  • セミナー
  • コラム
  • 担当者の声

CSR・環境戦略Q&A

含水率の高い汚泥を乾燥させるにはどのような方法がありますか?

Some rights reserved by joka2000

汚泥を乾燥させるには、主に3つの方法が考えられます。

  1. 乾燥機を使用する
  2. 発酵熱を利用する
  3. 太陽熱を利用する

高含水廃棄物は重量の半分以上が水分であるケースも多いです。そのまま処理することも可能ですが、含水量を減らすことができれば、運搬費や処理費の削減につながりますし、場合によっては有価物になる可能性もあります。 今回は、含水率の高い汚泥の水分を減らす手段の一つである乾燥についてお話します。

そもそも乾燥とはどのように起こるのか?

洗濯物をイメージして下さい。良く晴れて乾燥した風が吹くときは比較的早く乾きます。 乾燥には、熱・風・湿度の三要素が関係しています。暖かいほど、風があるほど、湿気が低いほど、乾きやすいのです。また、これらの働きをさらに高めるために、対象物を細かく砕くことも有効です。塊のままでは内部まで乾燥するのに時間がかかりますが、粉砕のひと手間を加えることで大幅な時間短縮が期待できます。

乾燥させるには?
  1. 乾燥機を使用する
    一番早い方法が乾燥機の使用です。乾燥機には様々な種類があります。バッチだと箱型式等、連続であれば回転キルン式、コンベア式等、様々なメーカーが多種多様な製品を出しています。これらの既製品を導入する手段もありますが、高温の排ガス・蒸気・温水など場内で未利用のエネルギーがある場合は、それを有効利用した乾燥設備も検討できるかもしれません。
    関連記事も参考にしてみてください。

  2. 発酵熱を利用する
    微生物による発酵熱を利用した乾燥方法もあります。この方法は基本的に有機性の汚泥が対象です。微生物が有機物を分解する過程で発する熱が、条件によっては80℃近くになり、乾燥を促します。発酵熱を利用する方法は、発酵を促すために行われる撹拌などを除いて必要な動力も少ないため、低コスト・省エネルギーで乾燥できるというメリットもあります。

  3. 太陽熱を利用する
  4. みなさんご存じのように、広い場所で天日(太陽熱)に当てておくだけでも乾燥が促進されます。ビニールハウスのような雨を遮ることができる施設が理想的です。前述した乾燥の三要素が揃った土地で行うと、より高い乾燥効果が見込まれるでしょう。

発酵熱や太陽熱のように、今ある条件をうまく活用し工夫することで、大きな追加コストの負担なく乾燥を実現しているケースもあります。アミタでは、特に有機性汚泥が大量に出ている排出事業者様に具体的な解決方法を提案させて頂いております。お困りの場合は是非ご相談ください。

関連情報
執筆者プロフィール
tougaki.jpg

東垣 芳昌 (とうがき よしあき)
株式会社アミタ持続可能経済研究所
事業開発グループ 循環技術グループ


アミタ合流後、京丹後循環資源製造所の運営管理、地域資源循環モデルの構築に関わる。現在は新事業やコストダウン技術の開発に従事。

無料メールマガジン登録はこちら

ご依頼・ご相談はこちら

このページの上部へ