SRI・レポーティングや、環境ビジネス・環境業務・CSRの注目コラム!

環境戦略・お役立ちサイト おしえて!アミタさん
「おしえて!アミタさん」は、企業のCSR・環境戦略をご支援する情報ポータルサイトです。
CSR・環境戦略の情報を情報をお届け!
  • トップページ
  • CSR・環境戦略 Q&A
  • セミナー
  • コラム
  • 担当者の声

コラム

 

「SRI・レポーティング」 に関する記事一覧

第三回:ステークホルダー責任というものもあるのではないか?統合報告書を経営に活かすには?

一般的な統合報告の背景や、CSRレポートを含む企業報告の意味、企業としての活用方法、ステークホルダー・エンゲージメントの実効性等について公認会計士の森洋一氏とアミタホールディングス(株)の常務取締役藤原と対談していただきました。第三回目はステークホルダー・エンゲージメントの実効性等についてです。

第二回:企業・経営者は報告書をどのように活用すべきか?~ステークホルダー・エンゲージメントの実践~統合報告書を経営に活かすには?

一般的な統合報告の背景や、CSRレポートを含む企業報告の意味、企業としての活用方法、ステークホルダー・エンゲージメントの実効性等について公認会計士の森洋一氏とアミタホールディングス(株)の常務取締役藤原と対談していただきました。第二回目は企業・経営者は報告書をどのように活用すべきかについてです。

公認会計士|森氏が薦めるCSRレポート活用法リレーコラム

Some rights reserved by Foreign
and Commonwealth Office

2014年4月2日にアミタの年次報告書が公開されました。この年次報告書は、国際統合報告評議会(IIRC)技術部会メンバーでもある公認会計士の森洋一氏にアドバイスいただき、統合報告の流れを意識して作成したものです。そこで今回は、森氏に一般的な統合報告の背景と、学生がCSRレポート等の企業報告をどのように活用するのが良いかについて、お話を伺いました。

第一回:CSRレポート含む統合報告の3つのポイント統合報告書を経営に活かすには?

一般的な統合報告の背景や、CSRレポートを含む企業報告の意味、企業としての活用方法、ステークホルダー・エンゲージメントの実効性等について公認会計士の森洋一氏とアミタホールディングス(株)の常務取締役藤原と対談していただきました。第一回目はCSRレポート含む統合報告の3つのポイントについてです。

NPOと協働でCSVに取り組むメリット -バリューチェーンの競争力強化と社会への貢献の両立-リレーコラム

Some rights reserved by thetaxhaven

CSVに取り組む際、NGO/NPOと協働することで好影響が出た事例等をご紹介する本コラム。今回は、企業のバリューチェーンの競争力強化と社会貢献の両立をNGO/NPOと協働で行うメリットについて説明します。

無料メールマガジン登録はこちら

ご依頼・ご相談はこちら

このページの上部へ