環境部門長・マネージャーに関する情報や、サステナビリティ経営・町づくりのQ&Aをご紹介

環境戦略・お役立ちサイト おしえて!アミタさん
「おしえて!アミタさん」は、未来のサステナビリティ経営・町づくりに役立つ情報ポータルサイトです。
CSR・環境戦略の情報を情報をお届け!
  • トップページ
  • CSR・環境戦略 Q&A
  • セミナー
  • コラム
  • 担当者の声

Q&A

 

「環境部門長・マネージャー」 に関する記事一覧

このページでは、環境部門長・マネージャーについての業務に役立つ記事をまとめて掲載しています。
このテーマについての関心が高い場合は、このページをブックマークしてお使いください。

IPCC第6次評価報告書から考える企業に求められる経営とは?

Photo by Karim MANJRA on Unsplash

2022年2月28日に「IPCC(国連気候変動に関する政府間パネル)※第6次評価報告書 第2作業部会報告書」が公開されました。 本記事では、報告書の内容を解説したうえで、企業に求められる経営について考察しました。

1.5℃目標に向けてCDPが質問内容を変更。基礎知識から最新情報まで解説!

Some rights reserved by Mylene2401

「気候変動」「ウォーターセキュリティ」「フォレスト」など。多くの企業は、国際的な非営利団体であるCDPが運営する情報開示プログラムを利用して、自社の環境活動の情報開示を行っています。今回はCDP2022の最新情報を踏まえて、企業が今後どのような対応を迫られるのか解説していきます。

ESG経営とは?メリットから企業事例、導入するポイントについて解説! 

Image_by_Gerd_Altmann_from_Pixabay

近年、世界中で注目されている「ESG経営」。なぜ企業がESG経営に取り組むのか、...

【産廃管理】電子マニフェストとは?仕組みやメリット、紙との料金比較まで徹底解説!

産業廃棄物管理業務において、電子マニフェストの普及が進んでいます。これらの導入を...

2021年、現地確認の義務化自治体とその実施方法に関する自治体見解、最新動向! 初心者向け

排出事業者が、自社の産業廃棄物の処理を委託している先を訪問し、適正な処理が行われているかどうかを確認する「現地確認(実地確認と呼ばれるケースもあり)」。廃棄物処理法では、廃棄物の処理の状況に関する確認は努力義務とされており、実施が義務付けられているわけではありません。しかし、自治体によっては、条例や要綱で「実地の確認」を義務付けている場合があり、実施の方法や頻度などを確認しておく必要があります。現状はどのような傾向が見られるのか、そして、テレビ会議システムを利用した遠隔での確認は有効か。各自治体の動向を調査しました。

「おしえて!アミタさん」では、環境部門長・マネージャーなどについての環境業務に役立つ情報をQ&Aやコラムとして毎日更新中です。更新情報はメールで配信していますので、ぜひご利用ください。

無料メールマガジン登録はこちら

ご依頼・ご相談はこちら

このページの上部へ