工場内の安全パトロール(見回り)を効果的に実施する3つのチェックポイントとは? | 企業の環境・CSR・サステナビリティ戦略に役立つ情報が満載!

環境戦略・お役立ちサイト おしえて!アミタさん
「おしえて!アミタさん」は、企業のCSR・環境戦略をご支援する情報ポータルサイトです。
CSR・環境戦略の情報を情報をお届け!
  • トップページ
  • CSR・環境戦略 Q&A
  • セミナー
  • コラム
  • 担当者の声

CSR・環境戦略Q&A

工場内の安全パトロール(見回り)を効果的に実施する3つのチェックポイントとは? 初心者向け

施設や機器の安全点検、原料や廃棄物の保管量チェック、排水や排ガス点検など、日々、各工場で実施されている「安全パトロール」(見回り)。これらを正しく行うことで、1.労働災害を未然に防止する、2.作業者が安心できる作業環境づくりを推進でき、生産性や品質向上に寄与する、などの効果が得られます。

しかし、定期的な安全パトロールを実施していても、作業が形骸化し、報告資料の作成が遅れたり、必要な部署へ正しい情報共有がなされなければ、求める効果を得ることが出来ません。事故につながる予兆がパトロールによって現場で把握されていたにも関わらず、報告に不備があり、結果、事故が発生してしまった、というケースも見られます。

そこで今回は、安全パトロール実施時の注意点についてお伝えします。

安全パトロールをより良くする3つのチェックポイント

1.点検表に記述方式の記載はありますか?

「確認項目」がはい/いいえで済む点検表は、簡単に回答ができるため便利です。しかし、そうした項目だけで、十分でしょうか。例えば、記述式の確認項目を持たせるという工夫ができます。「保管量は10t以下である」という項目より、「本日の保管量は●t」と記録した方が、パトロール担当者の意識も変わってきます。自社の点検表を見直してみましょう。

2.実際の画像や映像を記録していますか?

建物や備品の破損や塗装の状態、置き場や装置の状況は、テキスト情報だけでは共有が難しいものです。そこで、下記のように画像データとテキスト情報を組み合わせて報告することをお勧めします。画像データを記録することで、情報が正確に伝わる他、下記のメリットがあります。

▼画像データ記録のメリット

  • メーターの数値等を画像で記録することで、読み違い/記入間違いのリスクを防ぐことができる。
  • 複数人担当者がいる場合や、日によって担当者が異なる場合も、前回の記録を視覚的に理解できる。
  • 汚れや破損の度合い、状況を個々人の主観ではなく明確に記録でき、外部の業者等にも正しく共有できる。
  • 前後の記録を見比べることで、改善状況をより正確に把握できる。

3. 安全パトロール実施後の業務フロー(記録の保管方法・共有方法・改善の責任者)は定まっていますか?

最も重要な点は、パトロール実施後の業務フローです。記録は取りっぱなしでは意味がありません。改善まで確実に実施できるように、下記項目を確認しておきましょう。
また、点検表に、「改善の必要性の有無」だけでなく、「責任者(改善の実施者)」や「改善が完了した日付」などを記載しておくと漏れがなく、後日確認する事が出来ます。

▼パトロール実施後のチェックポイント

  • 記録された点検表は、社内の「どこ」に「どのような形式」で「いつまでに」保管するのか。
  • 記録された点検表は、「どの部署/誰」に「どのように」共有し、「どの部署/誰」が「何を」確認するのか。
  • 状況の改善が必要な場合は、「どの部署/誰」が「どのように」「いつまでに」対応を行うのか。
  • 実際に改善が実施されたかどうかを、「どの部署/誰」が「どのように」「いつまでに」確認するのか。

その他、点検表が古くなっていないか(法律の改正に対応しているか)、過去のデータは必要な時に参照できる状態になっているか、点検表の更新時に各拠点に確実に内容を浸透できているかなど、気を付けるべきポイントはたくさんあります。改めて、自社の安全パトロールについて見直しましょう。

アミタは、「点検→報告→改善」を専用アプリで一元管理できる「Smart パトロール」を提供しています。

ASE_P.png・点検表は作ったけど、データの蓄積ができていない
・カメラで撮影はしているが、報告資料を作成する時間がない
・報告書作成にコストが掛かってしまう

これらのお悩みを解決するのが「Smart パトロール」です。

パトロールの実施内容をスマートフォンやタブレットなどに直接入力でき、その場でパトロール内容を記録。関係者への共有も一度に行えるアプリです。データ化によって、テキストだけでなく、写真データの共有も簡単に行えます。
書類の紛失リスクも低減します。

詳細はこちら

無料メールマガジン登録はこちら

ご依頼・ご相談はこちら

このページの上部へ