環境総合専門紙 『環境新聞』とは? | 企業の環境・CSR・サステナビリティ戦略に役立つ情報が満載!

環境戦略・お役立ちサイト おしえて!アミタさん
「おしえて!アミタさん」は、企業のCSR・環境戦略をご支援する情報ポータルサイトです。
CSR・環境戦略の情報を情報をお届け!
  • トップページ
  • CSR・環境戦略 Q&A
  • セミナー
  • コラム
  • 担当者の声

コラム

環境総合専門紙 『環境新聞』とは? 初心者向け環境新聞のココがいい!

kankyoushinbun.png

1965年創刊の『環境新聞』は、ビジネスの根幹にある環境経営を見据え、資源循環やRe(再生)ビジネスの視点で様々な情報をお届けする環境総合専門紙です。

本キャンペーンは終了いたしました。多数のお申込みありがとうございました。

『環境新聞』編集方針

21世紀は「環境の世紀」といわれています。今や環境負荷の低減・改善なくして、人類にとっての"持続可能な社会の実現"はありえません。産業界では「環境と経済の共生」を図るため、環境に対する負荷を低減・改善する技術あるいはシステムの開発に努める一方、化石燃料に替わる新エネルギーの開発に取り組むなど、新たに『環境ビジネス』と呼ばれる分野を創出し、その領域を拡大してきました。

環境省が行った将来予測によれば、環境ビジネス市場は2010年に約47兆円、2020年には約58兆円規模にまで拡大する見通しです。これに伴い、雇用規模も2010年の約112万人から2020年には約124万人へと増大する見込みです。

環境ビジネスが今後、主要産業として大きく台頭してくるのは間違いありません。そして、環境ビジネスの拡大は、環境保全の進展と雇用の創出を促し、地球環境を回復させる大きな原動力になっていくはずです。

こうした中で、環境新聞は美しい地球環境を守り、未来世代に伝えていくために、これからも地球と人類の危機に警鐘を鳴らし続けるとともに、環境ビジネスが持続可能な社会を実現するコア産業として健全に発展するよう、新環境時代のリーディングペーパーとしてその使命を全うしてまいります。

株式会社環境新聞社

概要

発行部数 80,000部
発行日 毎週水曜日(月4回発行)
体 裁 大判 通常8~12ページ、随時増ページ
購読料 1年購読 25,200円(税・送料込)
6ヶ月購読 13,650円(税・送料込)
お申込方法 本ページ最後のフォームよりお申し込みください。
注意事項 ※前金制となっておりますので、請求書(請求書の送付先が上記新聞の送付先と異なる場合は、別途ご指示ください。)が届き次第、郵便振替か銀行振り込みにてお支払いください。

※6ヵ月での購読お申込みの場合、購読期間終了前に継続の有無・種別変更の有無をご確認させていただきます。なお、1年購読につきましては、お申し出のない限り、自動継続となっております。ただし、中途解約の場合は特例措置等もありますので、詳細は「申込規約」をご覧下さい。

見本紙・紙面構成

以下画像をクリックしていただけますと見本紙がご覧になれます。

kankyousinbun_130318.png

総合面
(毎週)
オピニオン欄などで、環境問題の議論を引っ張る有識者の時評などを紹介する一方、新エネ・省エネはじめ、環境ソリューション、廃棄物処理・リサイクル、水・土壌・大気浄化対策など各分野で最も関心の高い動きをタイムリーに取り上げる。
低炭素/
環境管理面
(毎週)
温暖化関連の法制度、国際交渉等の動向を整理するとともに、今後の方向、企業の対応や新たなビジネスチャンスを提示する。また、環境測定・分析と化学物質管理を柱に、法制度と関連ビジネスの動向、関連業界が抱える課題とその解決策などを解説する。
循環型社会面
(毎週)
廃棄物・リサイクル関連法制度の動向、関連ビジネス・技術の新しい潮流などを紹介。排出事業者の参考に供するとともに、産廃ビジネスに関わる事業者が市場競争で勝ち抜くための処方箋を提示する。
水環境面
(毎週)
水関連法制度をはじめ、水ビジネスの海外展開に関わる政・官・産・学の動向、自治体の水ビジネスへの関わり、下水道関連施設の維持管理・改築更新、MBR等の国際規格化の動向などを主要テーマとする。
土壌環境
(隔週)
土壌汚染対策法をめぐる法改正の動向や、条例等における自治体の対応、民間での新しい技術開発の動きなどをきめ細かにフォローし、分かりやすく解説するとともに、資産除去債務関連の情報発信にも注力する。
バイオマス面
(隔週)
バイオマスに関する政策や法制度、民間企業や自治体の取り組み、海外の動向などをタイムリーかつ深く掘り下げた情報として提供する。
7・8面
(隔週)
隔週で「エコ住宅・建物」「環境福祉」「環境ビジネスアクションプロジェクト」「ビジネス・ワイド」などの面を掲載する。



申込規約

(1) ご請求について
請求書は株式会社環境新聞社よりお送りします。前金制となっておりますので、請求書(請求書の送付先が新聞の送付先と異なる場合は、別途ご指示ください)が届き次第、郵便振替か銀行振込にてお振込ください。原則として、ご入金の確認が出来次第、送付を開始させていただきます。

(2) 年間購読の継続について
今回の購読期間終了時に購読継続の中止のお申し出がない場合は、ご契約が自動継続となっております。ただし、自動継続から3ヶ月経過してもご入金の確認が出来ない場合は、一旦送付を中止させていただきます。もし、そのまま中止される場合、それまでの購読料については月割りにてお支払い頂きますのでご注意ください。

(3) 購読中止のご連絡について
年間購読の継続を希望せず中止をしたい場合は、購読中止届の受理をもって中止手続きの完了とさせていただきます。購読中止届けはこちら(http://www.emn.jp/ssrp/dcnt.pdf)にてダウンロードも出来ます。ダウンロードが出来ない等の場合はTEL等でご連絡ください。

(4) 購読中止について
年間購読をお申込いただき、一旦ご入金頂いた年間購読料については、期間途中での中止をお申し出頂いてもその後の残金分のご返金はできません。但し、申込後1ヵ月以内での中止の場合に限りお支払頂いた購読料を全額ご返金致します。

(5) ご案内について
ご記入頂いた連絡先には、環境新聞社からの各種ご案内及びご連絡をお送りさせて頂く場合がございます。

環境新聞のココがいい! の記事をすべて見る

無料メールマガジン登録はこちら

ご依頼・ご相談はこちら

このページの上部へ