2007年12月に改正された食品リサイクル法で新たに加わった「熱回収」とは、どういうものですか? | 企業の環境・CSR・サステナビリティ戦略に役立つ情報が満載!

環境戦略・お役立ちサイト おしえて!アミタさん
「おしえて!アミタさん」は、企業のCSR・環境戦略をご支援する情報ポータルサイトです。
CSR・環境戦略の情報を情報をお届け!
  • トップページ
  • CSR・環境戦略 Q&A
  • セミナー
  • コラム
  • 担当者の声

CSR・環境戦略Q&A

2007年12月に改正された食品リサイクル法で新たに加わった「熱回収」とは、どういうものですか?

Some rights reserved by mikecogh

「熱回収」とは、食品関連事業者などが「自ら又は他人に委託して食品循環資源を熱を得ることに利用すること」(食品リサイクル法第2条第6項)などを指します。

「熱回収」が行えるのは、食品関連事業者の工場等から75kmの範囲内に特定肥飼料等製造施設がない場合や、範囲内であっても特定肥飼料等製造施設での再生利用が困難な場合であって、一定の効率以上(廃油などの場合は28,000MJ/t以上、それ以外の場合は160MJ/t以上)で電気又は熱の量が回収・利用ができる場合です。

なお、前年度の食品廃棄物などの発生量が100トン以上である食品関連事業者は、発生量や再生利用等の実施状況(熱回収の実施量含む)を主務大臣に定期報告する義務があります。

セミナー情報

無料メールマガジン登録はこちら

ご依頼・ご相談はこちら

このページの上部へ