燃え殻とはなんですか?ばいじん(煤塵・煤燼)との違いや、典型的な処理方法を教えてください。 | 企業の環境・CSR・サステナビリティ戦略に役立つ情報が満載!

環境戦略・お役立ちサイト おしえて!アミタさん
「おしえて!アミタさん」は、企業のCSR・環境戦略をご支援する情報ポータルサイトです。
CSR・環境戦略の情報を情報をお届け!
  • トップページ
  • CSR・環境戦略 Q&A
  • セミナー
  • コラム
  • 担当者の声

CSR・環境戦略Q&A

燃え殻とはなんですか?ばいじん(煤塵・煤燼)との違いや、典型的な処理方法を教えてください。 初心者向け

Some rights reserved by Creativity103

燃え殻とは物を焼却した後に残る廃棄物で、事業に伴って発生した場合は産業廃棄物の一種となります。 焼却炉等の底の部分にたまる灰や燃えかすが「燃え殻」、ススなどの細かい粒子状のカスが集じん機等で集められたものが「ばいじん」と理解するのが良いでしょう。 (ただし、燃え殻に不純物が混じり、泥状になったものは「汚泥」として処理されることもあります)

燃え殻の具体的な例は?
  • 石炭がら
  • コークス灰
  • 重油燃焼灰
  • 煙道灰
  • 焼却灰
  • アルミ灰
  • 下水道焼却灰
  • 製紙スラッジ焼却灰
  • 各種重金属含有焼却灰

等があります。

燃え殻の典型的な処理方法は?

燃え殻やばいじんは、飛散を防ぐため、有害物質を閉じ込めるため、といった目的でコンクリートやキレート剤で固化され、管理型最終処分場に埋め立てられることがあります。 セメント原料としてリサイクルされる場合や、溶融処理されてスラグとなり、路盤材等とじて活用される場合もあります。

燃え殻は焼却された際に濃縮された有害物などが残っていることも多く、また含有している成分もバラつきが大きく安定しないことが多くなっています。自社で排出する廃棄物の成分はバラつきなども含めて確認しておくことが大切です。

燃え殻、汚泥などは規制が少なかった時代に自社構内に埋め立てたりしていることもあり、最近になって掘り返して適正な処理をお考えになっている会社も多いようです。アミタでは様々な産業廃棄物の100%リサイクルを実施しています。まずはお問い合わせください。

アミタへのお問い合わせ、ご相談はこちらのフォームから

関連情報

無料メールマガジン登録はこちら

ご依頼・ご相談はこちら

このページの上部へ