動植物性残渣とは?リサイクル(再資源化)、有効活用のポイントはありますか? | 企業の環境・CSR・サステナビリティ戦略に役立つ情報が満載!

環境戦略・お役立ちサイト おしえて!アミタさん
「おしえて!アミタさん」は、企業のCSR・環境戦略をご支援する情報ポータルサイトです。
CSR・環境戦略の情報を情報をお届け!
  • トップページ
  • CSR・環境戦略 Q&A
  • セミナー
  • コラム
  • 担当者の声

CSR・環境戦略Q&A

動植物性残渣とは?リサイクル(再資源化)、有効活用のポイントはありますか? 初心者向け

Some rights reserved by mikecogh

動植物性残渣(動植物性残さ)とは廃掃法上、食料品製造業、医薬品製造業、香料製造業で原料として使用した動物性や植物性の固形状の不要物を指します。したがって、液状、泥状のものは動植物性残渣ではなく、廃油廃酸、廃アルカリ汚泥等になります。

動植物性残渣の廃棄物例

具体的な例としては、以下のようなものが挙げられます。

Some rights reserved by eek the cat.jpg
  • 動物性残渣

動物、魚の皮・肉・骨・内臓・油等、卵から、貝がら、肉・乳類の加工不良品、羽毛等。




Some rights reserved by eek the cat
Some rights reserved by maureen lunn.jpg
  • 植物性残渣

野菜くず、大豆かす、酒かす、コーヒーかす、ビールかす、茶かす、油かす等。




Some rights reserved by maureen lunn
動植物性残渣の再資源化方法

動植物性残渣の再資源化方法としては、メタン発酵、飼料化、肥料化、等があります。今回はその中の一つ、メタン発酵についてご説明します。 メタン発酵とは、動植物性残渣等の有機物を嫌気状態で微生物に分解させ、バイオガスを発生させるシステムのことです。バイオガスの主成分であるメタンは発熱量があるため、ガスエンジン や燃料電池等の発電設備の燃料として活用することが出来ます。

平成24年7月「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法」(通称FIT制度)によって制定された再生可能エネルギーの固定価格買取制度によって、発電された電気は、「再生可能エネルギー」として売電することができ、廃棄物からエネルギーを抽出できるシステムとして再度注目されている技術です。

動植物性残渣をバイオガス発電で活用するためには

動植物性残渣の再資源化のポイントは、水分や塩分等の含有量、成分の安定性や均一性、荷姿等です。再資源化方法の特性に合わせて、発生品の見直し・改善を行えば、より安価で付加価値の高い再資源化につながります。 例えば、分別作業が難しい個包装された発生品でも、分別機械の導入等、分別作業の工夫により、再資源化が可能になる場合もあります 。

アミタでの動植物性残渣の対応

アミタ株式会社の京丹後循環資源製造所では、「メタン発酵」による再資源化を行っており、メタンガスはエネルギーにし、残渣を液肥や堆肥として活用しています。また再生可能エネルギーの固定価格買取制度において、2013年3月にバイオマスを利用した再生可能エネルギー発電事業者として認定を受けています。

現在では、既存のリサイクル事業で培った発生品の価値を分析する技術、一定の量と頻度で発生品を集荷するネットワークに加えて、メタン発酵の調整技術、迅速なトラブル対応体制、副産物の肥料化技術と用途開発で食品残渣を利用した、日本最大級のバイオガス施設として稼働しています。動植物性残渣でお困りのお方は、お気軽にご相談ください。

アミタへのお問い合わせ、ご相談はこちらのフォームから

関連情報
執筆者プロフィール
Mr.Suetsugu.jpg

末次 貴英 (すえつぐ たかひで)
アミタ株式会社
総合環境ソリューション営業グループ  西近畿営業チーム チームリーダー

アミタ合流以来、再資源化拠点の立ち上げや運営管理、地域資源循環モデルの構築に関わり、現在は兵庫・岡山・香川をはじめとした関西エリアで、廃棄物リサイクルを始め、総合的なソリューション提供に従事。

無料メールマガジン登録はこちら

ご依頼・ご相談はこちら

このページの上部へ