事例:ゴミ分別徹底のポイントはこれです! | 企業の環境・CSR・サステナビリティ戦略に役立つ情報が満載!

環境戦略・お役立ちサイト おしえて!アミタさん
「おしえて!アミタさん」は、企業のCSR・環境戦略をご支援する情報ポータルサイトです。
CSR・環境戦略の情報を情報をお届け!
  • トップページ
  • CSR・環境戦略 Q&A
  • セミナー
  • コラム
  • 担当者の声

担当者の声

電気機器メーカー 男性事例:ゴミ分別徹底のポイントはこれです! 初心者向け

「社員の皆さんに、ゴミを資源として見つめ直してもらいたい!」という想いから、ゴミ分別の徹底に取組んでいらっしゃるN社ご担当者様の取り組みをご紹介します。

ゴミ分別の注意を促す工夫は掲示物にあります。
  1. 従業員の目に付きやすい場所に掲示すること
  2. 五感で資源の違いを知ってもらうこと
  3. 従業員一人ひとりに当事者意識をもってもらうこと

が大切です。

分別を習慣化させるためにこれらの工夫をすることで、従業員に分別の実行を徹底できます。下記に分別習慣化の工夫として3つのポイントをまとめました。

私のマル秘テクニック ---分別習慣化の工夫
  1. 職場の巡視:職場をこまめに見てまわり、分別状況をチェック
  2. 資源になるものがあるかどうか観察
  3. 従業員が考えずに分別できる仕組みづくり(既存の仕組みに取り入れられやすい方法を提案)

普段の仕事の中にある小さな工夫だけに、「なんだそんなこと」と思われる方も多いかもしれませんが、やるとやらないとでは大違い。皆さんの周りを見直してみてほしいです。分別の徹底ができれば、リサイクル費用が安くなる可能性も高まります。

関連情報

無料メールマガジン登録はこちら

ご依頼・ご相談はこちら

このページの上部へ