堀口昌澄の「廃棄物処理法のあるべき姿を考える」や、環境ビジネス・環境業務・CSRの注目コラム!

環境戦略・お役立ちサイト おしえて!アミタさん
「おしえて!アミタさん」は、企業のCSR・環境戦略をご支援する情報ポータルサイトです。
CSR・環境戦略の情報を情報をお届け!
  • トップページ
  • CSR・環境戦略 Q&A
  • セミナー
  • コラム
  • 担当者の声

コラム

 

「堀口昌澄の「廃棄物処理法のあるべき姿を考える」」 に関する記事一覧

  • 1

業許可に関する区分と種類の問題を考える【後編】-収集運搬許可の全国1本化-堀口昌澄の「廃棄物処理法のあるべき姿を考える」

Some rights reserved by Jeff Attaway

本シリーズでは、アミタ堀口が2011年2月9日から2012年7月11日の間、環境新聞で連載していたコラム「廃棄物処理法のあるべき姿を考える」を一部ご紹介します。内容はあくまで議論のたたき台という位置づけのため、関係各方面からのご意見を頂戴したいと思います。

業許可に関する区分と種類の問題を考える【前編】-区分の抜本改正で資源循環促進を-堀口昌澄の「廃棄物処理法のあるべき姿を考える」

Some rights reserved by harrypope

本シリーズでは、アミタ堀口が2011年2月9日から2012年7月11日の間、環境新聞で連載していたコラム「廃棄物処理法のあるべき姿を考える」を一部ご紹介します。内容はあくまで議論のたたき台という位置づけのため、関係各方面からのご意見を頂戴したいと思います。

難解な廃棄物処理法の条文
-分かりやすく整理が必要-【後編】
堀口昌澄の「廃棄物処理法のあるべき姿を考える」

Some_rights_reserved_by_shutterhacks.

中間処理と最終処分の定義を正しく理解していないと、契約書もマニフェストも適切に作成、内容確認をすることができません。特に最終処分に再生が含まれているということをプロであるはずの処理会社ですら理解していないことがあります。

難解な廃棄物処理法の条文
-分かりやすく整理が必要-【前編】
堀口昌澄の「廃棄物処理法のあるべき姿を考える」

Some rights reserved by Horia Varlan.

廃棄物処理法が難解な法律であるということは、企業法務の世界では有名な話です。「ボリュームが多いにもかかわらず、整理されていない」ことがその理由でしょう。具体的には以下のようなものが挙げられます。

  • 1

無料メールマガジン登録はこちら

ご依頼・ご相談はこちら

このページの上部へ