廃棄物管理ご担当者や、環境ビジネス・環境業務・CSRの注目コラム!

環境戦略・お役立ちサイト おしえて!アミタさん
「おしえて!アミタさん」は、未来のサステナビリティ経営・町づくりに役立つ情報ポータルサイトです。
CSR・環境戦略の情報を情報をお届け!
  • トップページ
  • CSR・環境戦略 Q&A
  • セミナー
  • コラム
  • 担当者の声

コラム

 

「廃棄物管理ご担当者」 に関する記事一覧

プラスチックに係る資源循環の促進等に関する法律(プラスチック新法)の概要は?佐藤泉先生の「廃棄物処理法・環境法はこう読む!」

2021年3月9日、「プラスチックに係る資源循環の促進等に関する法律」の法律案が閣議決定されました。2022年4月に施行される見通しです。対象は誰か?プラスチックの資源化促進に向けて、排出事業者や自治体に求められる行動は何か?概要を踏まえて、わかりやすく解説します。

産業廃棄物マニフェストの返送期限が延長、新型コロナウイルス感染拡大を受け【令和2年廃棄物処理法、特例解説】佐藤泉先生の「廃棄物処理法・環境法はこう読む!」

新型コロナウイルス感染症拡大により、産業廃棄物処理施設の処理能力低下および一定の処理施設への集中が発生しているようです。また、テレワークの推奨により、電子および紙マニフェストの担当者の勤務時間や勤務場所が制限されるなどにより、通常業務が困難になるケースも発生しています。 そこで、マニフェストの事務停滞に伴う事業者の混乱および負担を軽減するため、今回、「マニフェストの返送期限に関する特例措置」が行われました(2020年5月15日交付)。詳しく解説します。

第四回:遠隔での現地確認、具体的な流れと実施のコツとは?【処理会社編】遠隔現地確認のススメ

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、処理会社にとって重要であるのが、「現地確認等の来客時の感染拡大リスク」の低減です。リスク低減に向けた対策の一つが、ビデオ通話システムを用いた遠隔での現地確認の実施です。必要な手順は何か?処理会社側の実施の流れを紹介します。

第三回:遠隔での現地確認、具体的な流れと実施のコツとは?【排出事業者編】遠隔現地確認のススメ

遠隔での現地確認を実施する際に、必要な手順は何か?排出事業者の実施の流れを紹介します。 第一回:概要とメリット 第二回:必要な機材・準備物 第三回:実施の流れとコツ(排出事業者編) 第四回:実施の流れ...

第二回:遠隔での現地確認の準備物とは?必要な機材などについて遠隔現地確認のススメ

産業廃棄物管理業務で重要な委託先への視察。今回は、ビデオ通話を用いた遠隔での現地確認を行う上で、必要な準備物を紹介します。

無料メールマガジン登録はこちら

ご依頼・ご相談はこちら

このページの上部へ