森林(木材・紙)・水産関連事業者に関する情報や、サステナビリティ経営・町づくりのQ&Aをご紹介

環境戦略・お役立ちサイト おしえて!アミタさん
「おしえて!アミタさん」は、未来のサステナビリティ経営・町づくりに役立つ情報ポータルサイトです。
CSR・環境戦略の情報を情報をお届け!
  • トップページ
  • CSR・環境戦略 Q&A
  • セミナー
  • コラム
  • 担当者の声

Q&A

 

「森林(木材・紙)・水産関連事業者」 に関する記事一覧

このページでは、森林(木材・紙)・水産関連事業者についての業務に役立つ記事をまとめて掲載しています。
このテーマについての関心が高い場合は、このページをブックマークしてお使いください。

外国の企業が、日本の森林を買収しようとする動きがあると聞きましたが、一体なぜでしょうか。

Some rights reserved by Eric.Parker

世界的に水需要が増加していることが、大きな原因だと考えられます。 CO2吸収分をクレジットとして取引できる制度が、2009年4月から受付を開始するなど、森林を育成することは温暖化対策の手段として注目を・・・

環境省から、企業の生物多様性への関わり方を示したガイドラインが公表されると聞いたのですが、どんなものですか?

Some rights reserved by
B.Monginoux / Photo-Paysage.com

2009年8月下旬にも、環境省から「生物多様性民間参画ガイドライン」が公表される予定です。 7月下旬現在、ガイドラインは検討段階ですが、その最終案がまとめられていますので、以下に要約の抜粋を掲載します・・・

広告宣伝に、紙を中心とした資材を多く使ってしまいます。どうすれば、環境に配慮した広告宣伝活動をできるでしょうか。

Some rights reserved by Larry Miller

広告宣伝活動を環境に配慮したやり方へシフトするには、様々な方法が考えられますが、基本的にはプランニングの段階から環境負荷低減を考えることが大切です。 これにより、そもそもの紙の使用量を減らす・・・

J-VER制度とは一体なんですか?

環境省による、カーボン・オフセットを行う際に必要なクレジット(他で実現した温室効果ガスの排出削減・吸収量)を発行・認証する制度のことです。企業がカーボン・オフセットを行うには・・・

間伐や植林等によるCO2吸収量をクレジット化して、収益化できるとは本当ですか?

はい、本当です。 2009年3月18日、林野庁と環境省は連携のもと、間伐・植林等の森林整備による二酸化炭素吸収量を認証する森林管理プロジェクトを・・・

「おしえて!アミタさん」では、森林(木材・紙)・水産関連事業者などについての環境業務に役立つ情報をQ&Aやコラムとして毎日更新中です。更新情報はメールで配信していますので、ぜひご利用ください。

無料メールマガジン登録はこちら

ご依頼・ご相談はこちら

このページの上部へ