廃掃法・関連法や、環境ビジネス・環境業務・CSRの注目コラム!

環境戦略・お役立ちサイト おしえて!アミタさん
「おしえて!アミタさん」は、未来のサステナビリティ経営・町づくりに役立つ情報ポータルサイトです。
CSR・環境戦略の情報を情報をお届け!
  • トップページ
  • CSR・環境戦略 Q&A
  • セミナー
  • コラム
  • 担当者の声

コラム

 

「廃掃法・関連法」 に関する記事一覧

元行政マンが語る、具体事例から読み解く行政処分~E社の爆発事故~ 前編BUNさんの「元・行政担当者が語る 廃棄物管理のイロハ」

Some rights reserved by Josh13770

2年程前に起こった産廃処理会社E社の爆発事故で、行政は廃掃法違反としてではなく、「処理能力の欠如」を処分理由として処罰しました。なぜこのような処分理由になったのか。事故を防ぐにはどうすればよかったのか。元・行政担当者のBUNさんが解説します。

第2回:循環基本法と廃掃法のせめぎ合い堀口昌澄_連載「揺らぐ廃棄物の定義」

Some rights reserved by andyarthur

2000年の通常国会では、循環型社会形成推進基本法(以下、循環基本法)はじめ多くのリサイクル関連法が制定、改正された。 時流が「3Rの推進」となり、廃棄物処理法の「有価物か無価物か」という判断基準だけでは廃棄物を分類することが難しくなった。 今回は、アミタの主席コンサルタント堀口が循環基本法と廃掃法における廃棄物の判断の違いについて解説します。

第1回:「有価物」か「無価物」か?
~ガラパゴス化した廃棄物処理法~
堀口昌澄_連載「揺らぐ廃棄物の定義」

Some rights reserved by b.dugardin

「リサイクル可能物であれば有価物」、「リサイクル不可物であれば無価物」という廃棄物 処理法の廃棄物の定義の判断が、リサイクル技術の発展により難しくなってきています。 今回は、アミタの主席コンサルタント堀口が総合判断説による「廃棄物の定義」の矛盾について解説します。

特別産業廃棄物排出事業者は、帳簿の管理をしないといけないの?それとも管理しなくていいの?BUNさんの「元・行政担当者が語る 廃棄物管理のイロハ」

Some rights reserved by GenBug.

時折、「特管産廃排出事業所に帳簿は要るのですか?」という質問を受けることがあります。 まず、結論から述べますと「帳簿を使って管理するのがよいでしょう」。

専ら再生業者、再生登録業者、古物商、金属くず商の違い(後編)BUNさんの「元・行政担当者が語る 廃棄物管理のイロハ」

Some rights reserved by mikecogh

廃棄物処理法で登場するのは「専ら再生業者」(専ら業者)と「再生登録業者」(廃棄物再生事業者)ですが、その関連で古物商、金属くず商について説明します。

無料メールマガジン登録はこちら

ご依頼・ご相談はこちら

このページの上部へ