廃掃法・関連法や、環境ビジネス・環境業務・CSRの注目コラム!

環境戦略・お役立ちサイト おしえて!アミタさん
「おしえて!アミタさん」は、未来のサステナビリティ経営・町づくりに役立つ情報ポータルサイトです。
CSR・環境戦略の情報を情報をお届け!
  • トップページ
  • CSR・環境戦略 Q&A
  • セミナー
  • コラム
  • 担当者の声

コラム

 

「廃掃法・関連法」 に関する記事一覧

第4回:法の対象範囲を比較する堀口昌澄_連載「揺らぐ廃棄物の定義」

Some rights reserved by pennstatenews

食品リサイクル法の「再生」とは、有価物としての売却できるかどうかではなく、再生利用、熱回収をするかどうかで判断している。一方で、現在の廃棄物処理法の「再生」とは、埋立と同等の「最終処分」としての扱いしか受けていない。つまり、有価物を対象に入れない現行の廃棄物処理法は中途半端なのである。

不正転売・横流しに関するリスクと対策は?|まとめページ 初心者向けお役立ち記事まとめページ集

Some rights reserved by vauvau

大手飲食チェーン店が処理委託した食品が転売されるというニュースが注目をあびています。廃棄原料・廃製品・廃販促品などが横流しされるリスクと対策についてまとめました。横流し・不正転売リスク対策にぜひご活用ください。

廃棄物処理法政令市トリビアBUNさんの「元・行政担当者が語る 廃棄物管理のイロハ」

Some rights reserved by
Nick-K (Nikos Koutoulas)

今回の話題は、2015年4月1日より施行された改正地方自治法を受け、「今後、廃棄物処理法政令市が増えていくよ」ということで、いわゆる中核市をテーマに取り上げてみました。数多い廃棄物処理法の「トリビア」の1つと思って気楽にお付き合いいただければ、と思います。

第3回:使用済み品を全て規制対象に堀口昌澄_連載「揺らぐ廃棄物の定義」

Some rights reserved by brotherM

平成24年3月19日付けで出された「使用済家電製品の廃棄物該当性の判断について」という通知では、有価で売却できたものであっても、不適正処理されるのであれば廃棄物と判断して差支えないと説明されています。廃棄物の不適正処理を切り口に「揺らぐ廃棄物の定義」について、アミタの主席コンサルタント堀口が解説します。

元行政マンが語る、具体事例から読み解く行政処分~E社の爆発事故~ 後編BUNさんの「元・行政担当者が語る 廃棄物管理のイロハ」

Some rights reserved by hang_in_there

2年程前に起こった産廃処理会社E社の爆発事故で、行政は廃掃法違反としてではなく、「処理能力の欠如」を処分理由として処罰しました。なぜこのような処分理由になったのか。事故を防ぐにはどうすればよかったのか。元・行政担当者のBUNさんが解説します。

無料メールマガジン登録はこちら

ご依頼・ご相談はこちら

このページの上部へ