サーキュラーエコノミー/資源循環に関する情報や、サステナビリティ経営・町づくりのQ&Aをご紹介

環境戦略・お役立ちサイト おしえて!アミタさん
「おしえて!アミタさん」は、未来のサステナビリティ経営・まちづくりに役立つ情報ポータルサイトです。
CSR・環境戦略の情報を情報をお届け!
  • トップページ
  • CSR・環境戦略 Q&A
  • セミナー
  • コラム
  • 担当者の声

Q&A

 

「サーキュラーエコノミー/資源循環」 に関する記事一覧

このページでは、サーキュラーエコノミー/資源循環についての業務に役立つ記事をまとめて掲載しています。
このテーマについての関心が高い場合は、このページをブックマークしてお使いください。

企業のサーキュラーエコノミー推進に向けた取り組みとは?
自社使用済み製品や空き容器回収の意義とポイントを解説

Image by Vlad Vasnetsov from Pixabay

近年「脱プラスチック」「SDGs」「サーキュラーエコノミー」などの広がりによって、多くの企業がサプライチェーン全体の見直しや資源循環の取り組みを強化しています。そんな中、注目されている手法の一つが、自社の使用済み製品や空き容器を回収し、再度、原料としてリサイクルするという取り組みです。今回は「自社使用済み製品や空き容器回収のメリットとポイント」を解説します。

おすすめ情報

2020年2月フランスがサーキュラー・エコノミー促進のための法律を公布、製品への規制を強化。日本への影響は?

Image by imordaf from Pixabay

2020年2月10日に、フランス国会がサーキュラー・エコノミーを促進するための法律を公布しました。製品の保証期間延長の義務化、レシート配布の一部禁止、衣類・靴・化粧品・本・家電などにおける売れ残り製品の廃棄の禁止、家電製品に対する修理可能性指数の実装など、様々な規制や義務化が始まります。詳しくご紹介します。

おすすめ情報

産業廃棄物処理委託契約書には、法律で決められている記載事項があると聞いたのですが?

Some rights reserved by FeatheredTar.

その通りです。産業廃棄物の処理委託の際に必要な処理委託契約書には、記載が必要な事項が廃棄物処理法で定められています。 産業廃棄物処理委託契約書には・・・

おすすめ情報

広域認定を受けた処理会社へ処理委託する場合に契約書やマニフェストは必要ですか?

Some rights reserved by msulibrary1

広域認定で廃棄物の処理委託は契約書やマニフェストは必要か? 一般廃棄物である場合は、通常と同様に契約書やマニフェストは法律上必要ありません。 産業廃棄物である場合は、通常と同様に契約書締結義務がありますが、マニフェスト交付義務は免除されます。

おすすめ情報

逆有償|産業廃棄物を有価で売却するのですが、その代金よりも輸送費の方が高くなってしまいました。この場合、廃棄物処理法は適用されるのでしょうか?

「産業廃棄物を有価で売却する際、その代金よりも輸送費が高くなってしまった。」この場合、排出物の区分はどうなるのでしょうか?以前の逆有償の記事でご質問が多かった内容について、平成25年3月29日付けの通知を引用しながら再度詳しく解説いたします。

おすすめ情報

「おしえて!アミタさん」では、サーキュラーエコノミー/資源循環などについての環境業務に役立つ情報をQ&Aやコラムとして毎日更新中です。更新情報はメールで配信していますので、ぜひご利用ください。
このページの上部へ