仕組み化・教育に関する情報や、環境ビジネス、環境業務、CSRのQ&Aをご紹介

環境戦略・お役立ちサイト おしえて!アミタさん
「おしえて!アミタさん」は、企業のCSR・環境戦略をご支援する情報ポータルサイトです。
CSR・環境戦略の情報を情報をお届け!
  • トップページ
  • CSR・環境戦略 Q&A
  • セミナー
  • コラム
  • 担当者の声

CSR・環境戦略Q&A

 

「仕組み化・教育」 に関する記事一覧

このページでは、仕組み化・教育についての業務に役立つ記事をまとめて掲載しています。
このテーマについての関心が高い場合は、このページをブックマークしてお使いください。

ISO14001の2015年改訂版に対応する際のポイントを教えてください。

PDCAサイクル

改訂のポイントごとに、環境担当者様が押えておくべきことを以下の6つの項目で表にまとめます。 1戦略的な環境管理 2リーダーシップ 3環境保護 4環境パフォーマンス 5 ライフサイクル思考 6コミュニケーション 2015年9月に、1996年の初版発行以降2004年の改訂を経て「20年目の大改訂」が行われました。今回の改訂は、組織の事業プロセスに環境マネジメントシステムを組み入れさせること、他のマネジメントシステム規格と共通化して効率的・効果的に運用できるようにすることを目的としています。

ステークホルダー・エンゲージメントとは? 初心者向け

ステークホルダー・エンゲージメントとは企業を取り巻く直接的・間接的に影響を与える人々や団体、地球・生活環境など利害関係者との関係を構築していくことです。

CSRに取り組むには何からスタートすべきですか?

Some rights reserved by
EOI Escuela de Organización Industrial

まずは自社の様々な活動について社員と一緒に振り返って、整理し直すことをお勧めします。 今年の人事異動であなたが突然社長からCSR担当者に任命されました。まず何からスタートすればいいのでしょうか?今回は、CSR担当者になったけど何をすればいいのか分からない方へコンサルタントに頼まなくてもできる進め方をお伝えします。

CSRを実践するために他の部署とどう進めていけばいいのでしょうか?

Some rights reserved by chiaki hayashi

人事、経営企画、広報、営業、お客様相談室、マーケティング、購買調達室、環境、経理・財務、法務、内部監査室、情報システム部など、各部署と連携を図りながら進める必要があります。

CSR担当者に必要な3つのスキルとは?

Some rights reserved by tec_estromberg

CSR部に限ったことではないですが、CSR担当者には3つのスキルが重要です。その3つのスキルについて詳しく解説します。

「おしえて!アミタさん」では、仕組み化・教育などについての環境業務に役立つ情報をQ&Aやコラムとして毎日更新中です。更新情報はメールで配信していますので、ぜひご利用ください。

無料メールマガジン登録はこちら

ご依頼・ご相談はこちら

このページの上部へ