業務効率化に関する情報や、環境ビジネス、環境業務、CSRのQ&Aをご紹介

環境戦略・お役立ちサイト おしえて!アミタさん
「おしえて!アミタさん」は、企業のCSR・環境戦略をご支援する情報ポータルサイトです。
CSR・環境戦略の情報を情報をお届け!
  • トップページ
  • CSR・環境戦略 Q&A
  • セミナー
  • コラム
  • 担当者の声

CSR・環境戦略Q&A

 

「業務効率化」 に関する記事一覧

このページでは、業務効率化についての業務に役立つ記事をまとめて掲載しています。
このテーマについての関心が高い場合は、このページをブックマークしてお使いください。

廃棄物処理において、排出事業者と処理会社は法令遵守のためにも情報共有が重要だと聞きましたが、それはなぜですか。

Some rights reserved by MoDOT Photos.jpg

廃棄物を安全で適正に処理するためには、排出事業者、収集運搬会社、処分会社がしっかりと情報を共有し合い、安全対策で連携しあうことが大切です。今回は多くの排出事業者から発生品に関して再資源化のご相談をいただいてきた当社の経験を元に、排出事業者から廃棄物が出荷されて処理業者へ到着するまでの間に発生するリスクの具体的な事例をご紹介します。

中間処理工程の破砕は具体的にどのようなメリットがありますか?

Some_rights_reserved_by_Yuichiro Haga.jpg

破砕とは廃棄物を細かく裁断することです。破砕工程を通す代表的な廃棄物は廃プラスチックを含む廃棄物ですが、細かくすることで様々なメリットがあります。その具体的例を説明します。

廃棄物管理研修を実施する際、より効果を上げるポイントは何ですか? 初心者向け

Some rights reserved by Invattur

廃棄物管理教育担当者の悩みシリーズ前編。一つのミスが大きな損害につながる重要な廃棄物管理。 だからこそ悩む、廃棄物管理教育の考え方や教育企画の立て方。教育方法は、担当者の悩みの種とよく聞きます。今回は、廃棄物管理教育を効果的に行うポイントを解説します。

廃棄物管理教育の考え方や企画のポイントは何ですか。 初心者向け

廃棄物管理教育担当者の悩みシリーズ前編。一つのミスが大きな損害につながる重要な廃棄物管理。 だからこそ悩む、廃棄物管理教育の考え方や教育企画の立て方。教育方法は、担当者の悩みの種とよく聞きます。今回は廃棄物管理教育の考え方や企画のポイントを解説します。

廃棄物リスク低減のために、処理先の複線化をする際のポイントは何ですか?

最近では観測史上最大の大雨が各地で観測され、土砂崩れなどの自然災害も多発しています。このような自然災害リスクに対して、廃棄物の処理委託という観点から備えられる対策も想定しておくと良いでしょう。廃棄物リスク低減のために、処理先の複線化をする際のポイントを最近の事例をもとに説明します。

「おしえて!アミタさん」では、業務効率化などについての環境業務に役立つ情報をQ&Aやコラムとして毎日更新中です。更新情報はメールで配信していますので、ぜひご利用ください。

無料メールマガジン登録はこちら

ご依頼・ご相談はこちら

このページの上部へ