業務効率化に関する情報や、環境ビジネス、環境業務、CSRのQ&Aをご紹介

環境戦略・お役立ちサイト おしえて!アミタさん
「おしえて!アミタさん」は、企業のCSR・環境戦略をご支援する情報ポータルサイトです。
CSR・環境戦略の情報を情報をお届け!
  • トップページ
  • CSR・環境戦略 Q&A
  • セミナー
  • コラム
  • 担当者の声

CSR・環境戦略Q&A

 

「業務効率化」 に関する記事一覧

このページでは、業務効率化についての業務に役立つ記事をまとめて掲載しています。
このテーマについての関心が高い場合は、このページをブックマークしてお使いください。

災害廃棄物処理が進む東北では最終処分場の容量が少なくなる可能性が高いです。安心・安全な廃棄物処理のポイントは何ですか?

東日本大震災の影響により、東北全体での廃棄物総量が増える事によって、東北やその近郊の最終処分場の一部は、受入数量の制限や、新規契約の停止、処理費用の値上げ等を進めています。今後どうなっていくのでしょうか。

排出事業場で計量できないため、マニフェスト交付時に数量を記載できません。後で処理会社の計量値を記載してもよいのでしょうか?

マニフェストに記載・交付する理由は、引渡しの際に廃棄物の内容を再確認し、それを誰が運んで、誰が処分するのかを、間違いのないようにその都度依頼するということです。よく「排出元でトラックスケールがない場合は数量欄を空欄にしておき、処理会社で計量した重量を後から記載しなければならない。」と言われることがありますが、それでよいのでしょうか。

本社で、工場の廃棄物管理をとりまとめています。現場でコンプライアンス上の問題がないかチェックする方法を教えてください

従来からのオーソドックスな方法と、システムを活用した比較的新しい手法を紹介します。従来は、「現状把握→規定・マニュアル作成→教育→内部監査(→現状把握)」のPDCAを回すという方法が一般的でしたが、ヒューマンエラーを防ぐため、近年はシステムの活用と組み合わせて現場の管理をする企業が増えています。

リサイクルを進めたいのですが、受入基準やコストの兼合いから現在一部の廃棄物については埋め立てを行っています。埋め立てにおけるリスクはどのようなことがありますか?

Some rights reserved
U.S. Army Corps of Engineers Savan...

最終処分場には大きく安定型処分場、遮断型処分場、管理型処分場の3つに分かれます。今回は、安定型処分場の場合と管理型処分場におけるリスクについてご説明します。

廃棄物データシート(WDS)のガイドラインが改訂されたと聞きました。何か対応は必要ですか?

なぜ、WDSのガイドラインが改訂がされたのでしょうか?背景の説明や改訂の主なポイントについて解説します。

「おしえて!アミタさん」では、業務効率化などについての環境業務に役立つ情報をQ&Aやコラムとして毎日更新中です。更新情報はメールで配信していますので、ぜひご利用ください。

無料メールマガジン登録はこちら

ご依頼・ご相談はこちら

このページの上部へ