業務効率化に関する情報や、環境ビジネス、環境業務、CSRのQ&Aをご紹介

環境戦略・お役立ちサイト おしえて!アミタさん
「おしえて!アミタさん」は、企業のCSR・環境戦略をご支援する情報ポータルサイトです。
CSR・環境戦略の情報を情報をお届け!
  • トップページ
  • CSR・環境戦略 Q&A
  • セミナー
  • コラム
  • 担当者の声

CSR・環境戦略Q&A

 

「業務効率化」 に関する記事一覧

このページでは、業務効率化についての業務に役立つ記事をまとめて掲載しています。
このテーマについての関心が高い場合は、このページをブックマークしてお使いください。

食品廃棄物の横流し・不正転売防止の対策強化が求められるって本当ですか?被害に遭った会社の対策状況も教えて下さい。

Some rights reserved by USDAgov

はい、そのような流れになっています。 2016年1月に発覚した食品廃棄物の不正転売事件を受けて、2016年2月16日に、環境省より「食品廃棄物の不適正な転売事案の再発防止のための環境省の対応について(案)」が出されました。今後の動向に注意して下さい。

処理委託先で事故が起こってしまった場合、排出事業者にはどのような対応が必要でしょうか?

Some rights reserved by Defence Images

処理委託先で事故が起きた場合、排出事業者にはどのような対応が必要か? まずは事故状況把握と復旧目途の確認が必要です。委託先に受入停止期間が生じる場合は、早急にその他の処理委託方法を検討する必要があります。また、委託先から「処理困難通知」が届いた際は、所定の対応が必要になります。

処理会社の事故が多発しています。委託先の安全性を見る基本はなんでしょうか? 初心者向け

Some_rights_reserved_by_Direct_Relief

多発する処理会社の事故に巻き込まれないためにも、安全な廃棄物処理を継続して行ってくれる処理委託先を選定することが重要です。平常時だけでなく非常時にどのような備えがあるのか、委託する処理会社を見極めるポイントをお伝えします。

廃棄物管理の事務業務をアウトソーシングする場合、排出事業者はどのようなメリットがあるのでしょうか?

廃棄物管理アウトソーシングサービスを導入した企業には、他業務に注力できる時間が増えたり、属人化を防ぎ業務の標準化が図られたり、処理委託先とのコミュニケーションの精度が上がったりと業務負担の軽減以外にも様々なメリットがあります。管理業務を見直したい担当者様、ぜひご覧ください。

行政の監査を受けるとき、注意しなければならないポイントはありますか?また該当事業所と監査時期はどのように決まるのですか?

Some rights reserved by NRCgov

行政の監査。該当事業所や監査時期はどのように決めているのでしょう?また注意すべきポイントは?経験談を交えながら解説しています。

「おしえて!アミタさん」では、業務効率化などについての環境業務に役立つ情報をQ&Aやコラムとして毎日更新中です。更新情報はメールで配信していますので、ぜひご利用ください。

無料メールマガジン登録はこちら

ご依頼・ご相談はこちら

このページの上部へ