SRI・レポーティングこの担当者の声に注目! |

環境戦略・お役立ちサイト おしえて!アミタさん
「おしえて!アミタさん」は、企業のCSR・環境戦略をご支援する情報ポータルサイトです。
CSR・環境戦略の情報を情報をお届け!
  • トップページ
  • CSR・環境戦略 Q&A
  • セミナー
  • コラム
  • 担当者の声

担当者の声

「SRI・レポーティング」 に関する記事一覧

 

株式会社タカヤマ 専務取締役 齊藤 康祐 氏 コントロールグループ 主任 小山 絢 氏 コントロールグループ 係長 田村 勇太 氏 顧客に自分たちの活動を知ってもらい、社員が自分達の仕事や取り組みの意義を確認し、誇りを持つ 初心者向け

廃棄物処理業を営む株式会社タカヤマでは、若手社員が中心となってCSRレポートの作成を企画。若手を受け入れ、しっかりと見守った専務の齊藤氏と小山氏、田村氏の両名に研修を企画した背景をうかがった。

株式会社スリーハイ 代表取締役 男澤 様 横浜市のCSR認定を取得する中小企業のメリット

横浜市のCSR認定を取得するとどのようなメリットがあるのでしょうか。今回は実際に認定を取得した「株式会社スリーハイ」の男澤様にCSR認定に応募した経緯や取得後の変化について伺いました。

横浜市経済局 中小企業振興部 経営・創業支援課 担当課長 小林 様 / 担当係長 小野 様自治体のCSR認定制度の先駆者、横浜市の取組みとは

自治体としては初の認定制度を平成19年度からスタートした「横浜市」にインタビューをしてきました。大企業に限らず、中小企業でもCSRの取り組みが本格化しているようです。

さいたま市 経済局 経済部 経済政策課 総務係 主任 村上 様 / 允治社 代表社員 泉 様CSRは会社の宝探し!中小企業のCSRは現状を把握するのが「初めの一歩」

「今まで当たり前だと思っていた活動が評価され、他社と差別化できる。」「日々こつこつやってきたことがCSRとして認められ、社外で紹介される。」 社会的に評価される取り組みを行っていても、企業の認知度向上や社員のモチベーションの向上に悩んでいる中小企業の方々は多いのではないでしょうか。埼玉県さいたま市では、そのような企業にチャンスとなる「さいたま市CSRチャレンジ企業認証事業」を開始しました。

広友ホールディングス株式会社 環境推進部 課長 竹村邦夫様 / サブリーダー 藤村 真美子 様"レンタルこそ「エコ」なんです" -営業ツールにもなる環境報告書とは?

「環境報告書って、本当に必要なの?」ステークホルダーとの大事なコミュニケーションツールである環境報告書。でも、他部署からその価値をわかってもらえず、肩身の狭い思いをしている担当者の方もいるかもしれません。では、もし、環境報告書が営業ツールとして使えるとしたら?営業シーン等、様々な場面で使えるものにしようという工夫がちりばめられている環境報告書を作成された広友グループご担当者にお話を伺いました。

無料メールマガジン登録はこちら

ご依頼・ご相談はこちら

このページの上部へ