コラム | 企業の環境・CSR・サステナビリティ戦略に役立つ情報が満載!

環境戦略・お役立ちサイト おしえて!アミタさん
「おしえて!アミタさん」は、企業のCSR・環境戦略をご支援する情報ポータルサイトです。
CSR・環境戦略の情報を情報をお届け!
  • トップページ
  • CSR・環境戦略 Q&A
  • セミナー
  • コラム
  • 担当者の声

コラム

注目コラム

コラム一覧

生ごみを制すれば、「ごみ」を制す1|ゼロ・ウェイストに取り組むステップ#1 初心者向け企業・地域を変える!?「ゼロ・ウェイスト」の可能性

Some rights reserved by Pretty Poo Eater

ごみの組成調査を行っている自治体での組成結果を参照すると、大抵の自治体で、少なく見積もっても一般廃棄物に占める生ごみの推定量は約40%。特に生ごみは水分を含んだまま捨てられることが多く、重量比で圧倒的な割合を占めることになるのです。そんな、ごみの約40%を占める生ごみだからこそ、生ごみを無くせば、ごみはほぼ半減します。思い切って抜本的にごみ削減に取り組もうとするなら、生ごみを何とかするのが一番の近道です。まさに、「生ごみを制すれば、「ごみ」を制す?!」。

伊那市発「薪の宅配ビジネス」快進撃中|(株)ディーエルディーサステイナブル コミュニティ デザイン ~2030年に向けた行政・企業・住民の連携~

dld社 薪の宅配サービス概要図

人類は気候変動・資源枯渇・人口増加という未体験の環境下に向かっています。また、日本は、少子高齢化・労働人口減少・税収減少などで、今のしくみでは社会インフラの提供が難しい状況を迎えつつあります。そのような中で、持続可能な社会・コミュニティ デザインを行政・企業・住民の連携でどのように作っていくのかは、非常に重要なテーマです。 そこで本コラムでは、NPO法人バイオマス産業社会ネットワーク(BIN)理事長の泊みゆき氏に、サステイナブル コミュニティ デザインについて、参考事例などを交えて連載していただきます。第五回は、企業・住民連携の事例として長野県の伊那市の株式会社ディーエルディー(以下dld社)の取り組みをご紹介します。

昆虫食の可能性|増える人口、不足する動物性たんぱく質ズ―コンポスト!人口100億人時代に向けた食料供給の鍵

茹で蜂の子と揚げ蜂の子

今、世界的に昆虫への注目が集まっています。今後の人口増加や食生活の向上により、動物性たんぱく質が足りなくなるので、昆虫を代替たんぱく質として食料や飼料に活用しようというものです。 昆虫は、身近にいるものの、なかなか仲良くなれない存在でもあります。循環型の社会の中での、昆虫の利用方法、昆虫の食への転換などについて6回に渡って連載します。今回は、昆虫食と昨今の潮流について紹介します。

三者契約、廃棄物処理法上は適法か?締結時の注意点を教えてください。佐藤泉先生の「廃棄物処理法・環境法はこう読む!」

Photo by rawpixel on Unsplash

「収集運搬と処分の委託契約を一本にすることは可能でしょうか。処理費の支払いは収集運搬会社に一括して支払っているので、管理上、契約の数を減らした方が合理的です。どのような点に気を付ければよいでしょうか。」 三者契約の締結自体は、適法ですが、運用の際は注意が必要です。これまでの背景も含めて、解説します。

生物多様性とSDGs(その3):生物多様性の価値はどう測るべきか?本多清のいまさら聞けない、「企業と生物多様性」

Some rights reserved by Me in ME

本コラムでは、「生物多様性とSDGs」をテーマに、アミタの本多が"超解説"をお届けします!3回目の今回は、企業の「生物多様性」担当者にとってお悩みどころの評価方法について解説します 。

無料メールマガジン登録はこちら

ご依頼・ご相談はこちら

このページの上部へ