マニフェスト交付等状況報告書とは何を集計し、誰に提出するものなのですか? | 企業の環境・CSR・サステナビリティ戦略に役立つ情報が満載!

環境戦略・お役立ちサイト おしえて!アミタさん
「おしえて!アミタさん」は、企業のCSR・環境戦略をご支援する情報ポータルサイトです。
CSR・環境戦略の情報を情報をお届け!
  • トップページ
  • CSR・環境戦略 Q&A
  • セミナー
  • コラム
  • 担当者の声

CSR・環境戦略Q&A

マニフェスト交付等状況報告書とは何を集計し、誰に提出するものなのですか?

Some rights reserved by mrmanc

マニフェスト交付等状況報告書とは排出事業者が、マニフェストに記載された「産業廃棄物の種類」「排出量」「管理票の交付枚数」「運搬先の住所」などについて事業所単位で報告書を作り、都道府県知事又は政令市長に提出しなければいけないものです。(廃棄物処理法第12条の3第6項)

マニフェスト交付等状況報告書の対応

以前は施行規則の経過措置によって適用猶予となっていたのですが、2006年12月27日の環境省の通知(PDF)にもあるように、2007年度分から集計が義務になりました。

期間は、毎年4月1日~翌年3月31日までを、所定の様式に従って集計し、次の年度の6月30日までに報告します。
報告書の様式は自治体によって違うことがあるため、各自治体のホームページでチェックが必要です。

なお、電子マニフェストで運用した分は「情報処理センター」が排出事業者に代わって報告をするため、この報告書の作成は必要なくなります(廃棄物処理法第12条の5第8項)。
ただし、紙マニフェストも併用していた場合は、紙で運用した分については報告義務がありますので、ご注意ください。


▼ぜひこちらも合わせてご覧ください
おしえて!アミタさんのおすすめ、わかりやすいマニフェスト関連記事

アミタの関連セミナー

アミタグループの「廃棄物管理の法と実務セミナー」は、必要事項を網羅した6つのテーマで管理業務のすべてを習得いただけます。演習等の現場感覚を体験できる手法で、毎年1,000名以上のご支援実績を誇る『廃棄物管理』のプロフェッショナルが、よりスムーズで確実な廃棄物管理業務を行えるよう、しっかりとサポートします。

その他「廃棄物管理・廃掃法」に関するセミナーについてはこちら

電子マニフェスト対応、e-廃棄物管理

アミタのe-廃棄物管理は、ネットワーク上で、廃棄物管理に関する情報や書類、業務を一括で管理・実施できるサービスです。 マニフェストの発行や処理委託契約書の管理といった業務は、発行日、返送日、期限等の重要な日付情報や、記載内容、処理状況等の関連情報の整合性が取れていなければ、期限切れや法定記載事項の漏れ、処理状況の確認不備といったリスクが発生します。これらの情報を、ITを使って一元管理するのがe-廃棄物管理です。今回のマニフェストの関連記事をご覧の方はぜひご検討ください。詳しい情報はこちらから。

セミナー情報

無料メールマガジン登録はこちら

ご依頼・ご相談はこちら

このページの上部へ