仕組み化・教育や、環境ビジネス・環境業務・CSRの注目コラム!

環境戦略・お役立ちサイト おしえて!アミタさん
「おしえて!アミタさん」は、企業のCSR・環境戦略をご支援する情報ポータルサイトです。
CSR・環境戦略の情報を情報をお届け!
  • トップページ
  • CSR・環境戦略 Q&A
  • セミナー
  • コラム
  • 担当者の声

コラム

 

「仕組み化・教育」 に関する記事一覧

エイズ孤児支援NGO・PLAS|門田さんの新コラムスタート!企業とNGOの連携のためのガイドラインとは?

私自身がアフリカでの支援活動の中で出会ったアフリカの子どもたちや人々について、そして地球規模の課題解決を目指して企業と非営利組織がどのように連携、協力をしていく事ができるかについて、私たちの取り組みや事例を交えながら考えていきたいと思います。

持続する復興支援|モノとお金と人の気持ちが循環するマルシェ②持続する復興支援

2011年に起きた東日本大震災の復興支援ですが、一時期は積極的に支援していた会社が今はもうやめてしまったという話をよく聞きます。今回の特集は、持続する復興支援を取り上げます。モノとお金と人の気持ちが循環するマルシェ。岩手県の食関連事業会社、有限会社 秀吉の食材事業部 渡邉 里沙様にお話しをうかがいました。

廃棄物管理業務の合理化・効率化のススメ(その5)コンプライアンス向上のために廃棄物管理業務の合理化・効率化のススメ

企業がとるべき環境対策の範囲が拡大する中、コンプライアンスの重要性がますます高くなっています。しかしながら、廃棄物管理業務においては、工場以外の営業所や物流倉庫などの拠点や、グループ会社まで含めたコンプライアンス管理は、なかなか行き届いていない現状があると思います。第5回目のコラムは、廃棄物管理業務の「コンプライアンス向上のために」すべきことは何かを考えてみたいと思います。

持続する復興支援|モノとお金と人の気持ちが循環するマルシェ①持続する復興支援

地域と都会が交流を通じて共に活性化するため、2009年にS-FARMという食材販売サイトを、また東日本大震災後は被災地の生産者支援のため、食材のオーナー制販売「Olahono」を立ち上げた社会起業家 渡邉 里沙様にお話しをうかがいました。

公認会計士|森氏が薦めるCSRレポート活用法リレーコラム

Some rights reserved by Foreign
and Commonwealth Office

2014年4月2日にアミタの年次報告書が公開されました。この年次報告書は、国際統合報告評議会(IIRC)技術部会メンバーでもある公認会計士の森洋一氏にアドバイスいただき、統合報告の流れを意識して作成したものです。そこで今回は、森氏に一般的な統合報告の背景と、学生がCSRレポート等の企業報告をどのように活用するのが良いかについて、お話を伺いました。

無料メールマガジン登録はこちら

ご依頼・ご相談はこちら

このページの上部へ