コラム | 企業のサステナビリティ経営・自治体の町づくりに役立つ情報が満載!

環境戦略・お役立ちサイト おしえて!アミタさん
「おしえて!アミタさん」は、未来のサステナビリティ経営・町づくりに役立つ情報ポータルサイトです。
CSR・環境戦略の情報を情報をお届け!
  • トップページ
  • CSR・環境戦略 Q&A
  • セミナー
  • コラム
  • 担当者の声

コラム

注目コラム

コラム一覧

なぜ、土壌汚染の措置は掘削除去に偏るのか?(2)土壌汚染とのオトナな付き合い方

【「基準超過がない土地」を求めることによる代償と影響】 図2に土壌汚染地が売買が成立し浄化されるか、それとも売買が成立せずに未利用地になるかを、措置コストと措置コストの支払意思額・・・

部分提供から全体サービスへ:第2回対談 セールスフォース代表取締役社長 宇陀栄次氏(6/7)藤原仁志の「対談:攻める!環境部」

【藤原】そうですね。データベースひとつつくるといったって、もうちょっと見積もると何億ぐらいになると。【宇陀】そうでしょう。それじゃあね。それでいったいリターンはどれくらいあるのかっていったら、なかなか手がでない・・・

環境部門は社業を知るべし!:第1回対談 グリーンフューチャーズ代表 吉田敬史氏(7/7)藤原仁志の「対談:攻める!環境部」

以前、藤原さんがおっしゃっていたように、環境部門もいまや普通の本社のほかの部門と同じになったっていうことですかね。段々かたちができて、本社の環境部というのは、こういうことをやるものだという既成概念ができてしまって・・・

古い「通知」には、今でも意味があるの?るんるんの廃棄物処理法・通知トーク!

【廃棄物の処理及び清掃に関する法律の施行について】公布日:昭和46年10月16日 厚生省環784号という古い通知には今でも意味があるのでしょうか?今回はこのテーマについて解説していきます。

改革の鍵は顧客導入事例!第2回対談 セールスフォース代表取締役社長 宇陀栄次氏(5/7)藤原仁志の「対談:攻める!環境部」

変更のたびに毎回毎回、システム開発に1年かかりますでは、そのアイデアも何もかもが古くなってしまう。弊社の仕組みでは3日でできちゃうものもある。山梨県甲府市で採用された定額給付金のシステムも3日間でやったものです・・・

無料メールマガジン登録はこちら

ご依頼・ご相談はこちら

このページの上部へ