コラム | 企業のサステナビリティ経営・自治体の町づくりに役立つ情報が満載!

環境戦略・お役立ちサイト おしえて!アミタさん
「おしえて!アミタさん」は、未来のサステナビリティ経営・町づくりに役立つ情報ポータルサイトです。
CSR・環境戦略の情報を情報をお届け!
  • トップページ
  • CSR・環境戦略 Q&A
  • セミナー
  • コラム
  • 担当者の声

コラム

注目コラム

コラム一覧

汚染土壌の処理が森林復旧につながる?「自然的原因」への対応事例(2)土壌汚染とのオトナな付き合い方

仙台市の地下鉄東西線(仙台駅から青葉山方面)を作る時に、「自然的原因」によるカドミウム、フッ素、ヒ素が土壌溶出量基準の数倍程度の濃度で検出されました。
その基準超過土量は・・・なんと約50万㎥。
さて、仙台市さんは、どのように対応されたのでしょうか?

汚染土壌の処理が森林復旧につながる?「自然的原因」への対応事例(1)土壌汚染とのオトナな付き合い方

9月17日に環境資源工学会主催の「リサイクル設計と分離精製技術 第21回 重金属等汚染土壌処理の取り組みと処理技術」というシンポジウムがあり、私も「環境リスク評価に基づく重金属汚染土壌のリスク管理の有効性と課題」という題目で講演をしてきました。
私の講演では、「環境リスク評価の方法」と「土壌汚染への適用」に関して・・・

「CSR」×「投資」~CSRレポートは、誰が読んでいる?リレーコラム

貴社のCSRレポートは誰が読んでいますか?誰に向けて、コミュニケーションをしていますか? まんべんなく全部のページを読んでいる人は、決して多くないはずです。だとしたら、この内容を誰に向けてアピールするのか、このデータは最低限、誰に合わせて見やすくするのかといった、「読み手本位」の工夫が必要ではないでしょうか・・・

「環境」×「eco検定」その2 ~「目指せ!100万人のエコピープル」環境社会検定(eco検定)活用術 初心者向けeco検定応援キャンペーン!!

eco検定は受験者層の幅広さと、合格者支援事業による環境活動への発展が見込めることから、企業や団体等の経営者層やCSR担当者からも熱い注目を浴びています。環境の基礎知識を有する社員が多い組織なら経済活動も自然にエコ思考になる。この観点から、企業がeco検定受験を自社の社員に推奨する事例が急増しています...

「環境」×「省エネ行動管理」その5~現場を楽にする行動管理~「環境」×「省エネ行動管理」

これまでの話をまとめますと、生産性重視の「攻めの省エネ対策」で大切なことは、低コストでありながら大きな効果が期待できる運用改善を中心に組み立てること。人と組織を動かす「運用改善」で大切なことは、マニュアル作りではなく、現場を楽にする行動管理であるということです・・・

無料メールマガジン登録はこちら

ご依頼・ご相談はこちら

このページの上部へ