情報開示/イニシアチブ/国際規格/ISOに関する情報や、サステナビリティ経営・町づくりのQ&Aをご紹介

環境戦略・お役立ちサイト おしえて!アミタさん
「おしえて!アミタさん」は、未来のサステナビリティ経営・まちづくりに役立つ情報ポータルサイトです。
CSR・環境戦略の情報を情報をお届け!
  • トップページ
  • CSR・環境戦略 Q&A
  • セミナー
  • コラム
  • 担当者の声

Q&A

 

「情報開示/イニシアチブ/国際規格/ISO」 に関する記事一覧

このページでは、情報開示/イニシアチブ/国際規格/ISOについての業務に役立つ記事をまとめて掲載しています。
このテーマについての関心が高い場合は、このページをブックマークしてお使いください。

アジア地域では、CSRの意味合いや位置づけが国ごとに違うのですか?

一口に「アジアのCSR」と言っても、国・地域ごとに中心的な課題が異なります。 企業のCSRというものは、企業が操業する地域の社会課題を解決するものであるという考えが広まっています。国ごとの求められるCSRを解説します。

おすすめ情報

来年に向けてCSRサイトの見直しをしているのですが、やってはいけないサイト作りとは?

ウェブならではの特性やマーケティングの視点を取り入れることで、さらに魅力的にすることができると思います。自社のCSRサイトは大丈夫ですか?是非、3つのポイントを確認してみてください。

おすすめ情報

ISO審査員からみた、審査時にポイントの高い取組みは何でしょうか?

SO14001規格は、組織運営のマネジメントシステムを確立すること、即ちしくみ作りを求める規格です。法遵守においても、しくみ作りが大切です。ですが審査員が見るポイントはそこだけではありません。

おすすめ情報

CSRレポートの内容を様々なステークホルダーへ効果的に伝えるためには、どんな手法がありますか?

Some rights reserved by Dave Dugdale

企業のCSR情報の公開は、情報を押し付けるレポート形式から対話型のコミュニケーション形式へとシフトしていく、その仕掛けと手法を取り入れることが重要だと言ます。

おすすめ情報

タブレットやスマホの時代に、CSRレポートは紙媒体やWebサイトだけで良いのでしょうか?

Some rights reserved by itupictures

グローバル社会における経済摩擦や環境、資源問題等がさらに顕在化し、網羅性や重要性(マテリアリティ)に沿ってレポートを作成していれば良い時代ではなくなってきています。

おすすめ情報

「おしえて!アミタさん」では、情報開示/イニシアチブ/国際規格/ISOなどについての環境業務に役立つ情報をQ&Aやコラムとして毎日更新中です。更新情報はメールで配信していますので、ぜひご利用ください。
このページの上部へ