情報開示/イニシアチブ/国際規格/ISOに関する情報や、サステナビリティ経営・町づくりのQ&Aをご紹介

環境戦略・お役立ちサイト おしえて!アミタさん
「おしえて!アミタさん」は、未来のサステナビリティ経営・まちづくりに役立つ情報ポータルサイトです。
CSR・環境戦略の情報を情報をお届け!
  • トップページ
  • CSR・環境戦略 Q&A
  • セミナー
  • コラム
  • 担当者の声

Q&A

 

「情報開示/イニシアチブ/国際規格/ISO」 に関する記事一覧

このページでは、情報開示/イニシアチブ/国際規格/ISOについての業務に役立つ記事をまとめて掲載しています。
このテーマについての関心が高い場合は、このページをブックマークしてお使いください。

初心者でも分かるCSRサイトのチェックポイントを教えてください。

Some rights reserved by Tambako The Jaguar

まずは 現状分析から開始して、サイト全体のルールを確認してください。

おすすめ情報

社会貢献もできて企業のPRもできるCSR活動とは?

Photo by Sgt. Im Jin-min/CC/flickr

社会貢献もできて企業のPRもできるCSR活動には、2つの方向性があります。

おすすめ情報

アジアで調達する際のリスクとチャンスは何でしょうか?

Some rights reserved by taylorandayumi

リスクの代表的なものは、環境破壊、賄賂・汚職、人権侵害、労働慣行です。そのリスク対応が企業のレピュテーションを高めるというチャンスにも繋がるのです。

おすすめ情報

CSR活動で学生を巻き込むための注意するポイントは?

Some rights reserved by Shinya ICHINOHE

それは「学生と企業人の違いを理解すること」です。

おすすめ情報

マルポール条約の改正により、船で廃棄物を運搬した後に出る貨物残渣は、船会社が排出事業者になるって本当ですか?

Some rights reserved by Derell Licht.jpg

はい。2011 年7月にマルポール条約が改正され、船舶を使って廃棄物を運搬した後に出る貨物残渣と洗浄水中の洗剤・添加物の排出規制が追加されました(2013年1月1日発行)。廃掃法では「事業活動に伴って生じた廃棄物の処理責任は事業者すなわち船舶運航事業者にある」とされているため、船舶輸送後 に出る貨物残渣は、船舶運航事業者が排出事業者 になります。

おすすめ情報

「おしえて!アミタさん」では、情報開示/イニシアチブ/国際規格/ISOなどについての環境業務に役立つ情報をQ&Aやコラムとして毎日更新中です。更新情報はメールで配信していますので、ぜひご利用ください。
このページの上部へ