SRI・レポーティングに関する情報や、環境ビジネス、環境業務、CSRのQ&Aをご紹介

環境戦略・お役立ちサイト おしえて!アミタさん
「おしえて!アミタさん」は、企業のCSR・環境戦略をご支援する情報ポータルサイトです。
CSR・環境戦略の情報を情報をお届け!
  • トップページ
  • CSR・環境戦略 Q&A
  • セミナー
  • コラム
  • 担当者の声

CSR・環境戦略Q&A

 

「SRI・レポーティング」 に関する記事一覧

このページでは、SRI・レポーティングについての業務に役立つ記事をまとめて掲載しています。
このテーマについての関心が高い場合は、このページをブックマークしてお使いください。

CSRのWEBサイトのKPI(Key Performance Indicator:重要指標)の設定方法は?

Some rights reserved by David Shackelford

KPIを設定をするために、まずは自社のホームページで、「CSRに関するページがどれぐらい見られているのか。」「CSRレポートが掲載されている場合どれぐらいダウンロードされているのか。」を定期的に測定することを習慣化しましょう。

読まれるCSR報告書を作るポイントを教えてください。

Some rights reserved by Mike Mozart

まずはターゲットとする読者の設定を見直しましょう。 数あるステークホルダーの中で誰に焦点を当てているかによって、報告の内容(見せ方)が変わってきます。また、読み手が誰であっても読みやすい報告書を意識することも大切です。

スチュワードシップ・コードとコーポレートガバナンス・コードは似ていますが、何が違うのでしょうか?

スチュワードシップ・コードとは、 機関投資家などがスチュワード(顧客からその資産の管理を委ねられた者)として、投資先の上場企業に対して持続的成長を促すための行動規範です。

コーポレートガバナンス・コードが6月に発行されますが、どのように対応したらよいでしょうか?

コーポレートガバナンス・コードに関する議論は弁護士や公認会計士、大手シンクタンクによるものが多く、CSRの観点から、あるいはCSR部門としてはどのように関わるべきか?という議論はあまり見かけませんね。まずはCSR部門としての対応を考える前に、コーポレートガバナンス・コードの要点を整理しましょう。

高く評価されるCSR報告書とは?

コニカミノルタ「CSRレポート 2014」
P17-P18

企業によって想定する読者やステークホルダー、報告したい内容は異なりますが、ここでは一般に高く評価される報告書をつくるにはどのような点に注力すればよいかをご紹介します。

「おしえて!アミタさん」では、SRI・レポーティングなどについての環境業務に役立つ情報をQ&Aやコラムとして毎日更新中です。更新情報はメールで配信していますので、ぜひご利用ください。

無料メールマガジン登録はこちら

ご依頼・ご相談はこちら

このページの上部へ