環境・CSR経営に関する情報や、サステナビリティ経営・町づくりのQ&Aをご紹介

環境戦略・お役立ちサイト おしえて!アミタさん
「おしえて!アミタさん」は、未来のサステナビリティ経営・町づくりに役立つ情報ポータルサイトです。
CSR・環境戦略の情報を情報をお届け!
  • トップページ
  • CSR・環境戦略 Q&A
  • セミナー
  • コラム
  • 担当者の声

Q&A

 

「環境・CSR経営」 に関する記事一覧

このページでは、環境・CSR経営についての業務に役立つ記事をまとめて掲載しています。
このテーマについての関心が高い場合は、このページをブックマークしてお使いください。

【期間限定|セミナー資料公開】情報・技術・資源の「最適化」で叶える "SX(サステナビリティ・トランスフォーメーション)"

2021年4月15日、最適化による企業変革や社会のリデザインを志す「NTTコミュニケーションズ(株)」「(株)グルーヴノーツ」「アミタ(株)」が集い、「サステナビリティ」と「最適化」をテーマとするセミナー・鼎談を開催しました。ご好評のお声を大変多くいただいた本セミナー・鼎談の要点をまとめた資料を2021年12月末までの期間限定で無料公開いたします!サステナビリティ推進担当、経営企画、事業開発部門の方は必見の資料となっていますので、ぜひ業務にお役立てください。

VUCAの時代に求められる組織能力「ダイナミック・ケイパビリティ」とは

不確実性が高く変化の激しいVUCAの時代に必要な組織能力として今、大きな注目を集める「ダイナミック・ケイパビリティ」。企業がイノベーションのジレンマから抜け出し、持続的な競争優位を獲得するには? 今回は「ダイナミック・ケイパビリティ」研究の第一人者である菊澤研宗氏(慶應義塾大学商学部・商学研究科教授)に解説いただきました。

ソーシャル・インパクト・ボンド(SIB)組成と実装のポイント

Photo by bongkarn thanyakij from Pexels

本記事では、ソーシャル・インパクト・ボンド(以下SIB)の組成プロセスや実装にあたってのポイントなどを国内事例とともにご紹介します。また、SIBの今後の展開についても考察します。

ソーシャル・インパクト・ボンド(SIB)とは?
成果連動型民間委託契約方式(PFS)との違いは?

Photo by bongkarn thanyakij from Pexels

ソーシャル・インパクト・ボンド(以下SIB:Social Impact Bond)とは、官民連携のための仕組みの一つであり、 地方自治体が民間に事業を委託する際に活用する成果連動型民間委託契約方式(以下PFS:Pay For Success)の一種です。今回は、SIBの概要や意義などについてご紹介します。

企業のSDGs取り組み・ 実践のポイントは?【後編】企業文化のアップデートに着目、 「マーケティング3.0」で事業の価値を見直す

Photo by Scott Webb on Unsplash

多くの企業ではいま、事業を通じたSDGsの「実践」が問われています。これは決して簡単なことではなく、強固なトップダウンで指示を出したからと言って、すぐに実現できるものではありません。本記事では、SDGs実践におけるポイントと、企業にとってのSDGsの本質的な意義を解説します。後編の今回は、「企業文化のアップデート」に着目して解説します。

「おしえて!アミタさん」では、環境・CSR経営などについての環境業務に役立つ情報をQ&Aやコラムとして毎日更新中です。更新情報はメールで配信していますので、ぜひご利用ください。

無料メールマガジン登録はこちら

ご依頼・ご相談はこちら

このページの上部へ