リサイクルに関する情報や、サステナビリティ経営・町づくりのQ&Aをご紹介

環境戦略・お役立ちサイト おしえて!アミタさん
「おしえて!アミタさん」は、未来のサステナビリティ経営・町づくりに役立つ情報ポータルサイトです。
CSR・環境戦略の情報を情報をお届け!
  • トップページ
  • CSR・環境戦略 Q&A
  • セミナー
  • コラム
  • 担当者の声

Q&A

 

「リサイクル」 に関する記事一覧

このページでは、リサイクルについての業務に役立つ記事をまとめて掲載しています。
このテーマについての関心が高い場合は、このページをブックマークしてお使いください。

工場から発生する産業廃棄物の処理において、コストダウンを図るためのポイントはあるのでしょうか?

廃棄物のコストダウンには、有価物化する方法と、処理費削減する方法の2つがあります。廃棄物が有価物化できる場合、何かしら原料として転用できるケースが多いです。企業のコスト削減にも、資源問題にも貢献できるため、有価物化は非常に重要なテーマです。

有価物化|処理費用削減のため、産業廃棄物の有価物化をすすめたいと思っています。一体どんなものが有価物になるのでしょうか? 初心者向け

Some rights reserved by h080

技術の進歩、相場の変動等により、10年前までは有価評価に値しなかった廃棄物が、ここ最近有価物として取引がされるケースが非常に増えています。自社の工場では、廃棄物として排出されているものが、他業界では原料として、または添加剤として購入している事例は数多くあります。そういったお客様同士をつなぎ、有価物化に向けた分別方法のアドバイスや、実現に向けたお手伝い等もアミタでは行っています。

ゼロエミッションを達成、維持するポイントは何ですか?

ゼロエミッションを達成、維持するには、まず「自社発生品(アミタグループでは廃棄物を「発生品」と呼んでいる)」の情報把握が重要です。その上で、何にリサイクル出来るのか、ユーザーは誰なのか、用途と委託先を検討しマッチングを行うことになります。

現状よりも良いリサイクルをしたいのですが、何から始めればよいですか?

リサイクルに必要な情報を把握することが、第一歩です。 ひとくちにリサイクルといっても、熱回収、マテリアルリサイクル、ケミカルリサイクル等々、様々な種類があり、処理費や環境負荷の度合いはそれぞれ異なります。

タイやマレーシアでの廃棄物マネジメントリスクは顕在化していますか?

Some rights reserved by Gilles San Martin

日本の廃棄物処理法同様にタイ、マレーシアにも廃棄物に関する法律があり、いずれの国も廃棄物処理に関しては、「排出事業者責任」が求められております 。しかし、実際は廃棄物処理会社任せになっている日系企業が多く、実際に不法投棄に巻き込まれてしまう企業も少なくありません。今回はタイとマレーシアの廃棄物処理事情についてご紹介します。

「おしえて!アミタさん」では、リサイクルなどについての環境業務に役立つ情報をQ&Aやコラムとして毎日更新中です。更新情報はメールで配信していますので、ぜひご利用ください。

無料メールマガジン登録はこちら

ご依頼・ご相談はこちら

このページの上部へ