リサイクルに関する情報や、サステナビリティ経営・町づくりのQ&Aをご紹介

環境戦略・お役立ちサイト おしえて!アミタさん
「おしえて!アミタさん」は、未来のサステナビリティ経営・まちづくりに役立つ情報ポータルサイトです。
CSR・環境戦略の情報を情報をお届け!
  • トップページ
  • CSR・環境戦略 Q&A
  • セミナー
  • コラム
  • 担当者の声

Q&A

 

「リサイクル」 に関する記事一覧

このページでは、リサイクルについての業務に役立つ記事をまとめて掲載しています。
このテーマについての関心が高い場合は、このページをブックマークしてお使いください。

ゼロエミッションを達成、維持するポイントは何ですか?

ゼロエミッションを達成、維持するには、まず「自社発生品(アミタグループでは廃棄物を「発生品」と呼んでいる)」の情報把握が重要です。その上で、何にリサイクル出来るのか、ユーザーは誰なのか、用途と委託先を検討しマッチングを行うことになります。

現状よりも良いリサイクルをしたいのですが、何から始めればよいですか?

リサイクルに必要な情報を把握することが、第一歩です。 ひとくちにリサイクルといっても、熱回収、マテリアルリサイクル、ケミカルリサイクル等々、様々な種類があり、処理費や環境負荷の度合いはそれぞれ異なります。

タイやマレーシアでの廃棄物マネジメントリスクは顕在化していますか?

Some rights reserved by Gilles San Martin

日本の廃棄物処理法同様にタイ、マレーシアにも廃棄物に関する法律があり、いずれの国も廃棄物処理に関しては、「排出事業者責任」が求められております 。しかし、実際は廃棄物処理会社任せになっている日系企業が多く、実際に不法投棄に巻き込まれてしまう企業も少なくありません。今回はタイとマレーシアの廃棄物処理事情についてご紹介します。

少量の廃棄物、手間とコストを掛けずに「埋立て」から「マテリアルリサイクル」へ変更できませんか?

Some rights reserved by didbygraham

少量多品種な廃棄物が発生している企業では、4tコンテナ等に少量発生の廃棄物を一括して保管し、溜まった時点で排出しているケースがあります。しかし、それでは「リサイクルできない」「処理費が割高になる」ことが多いため、リサイクルできる廃棄物、有価評価できる廃棄物を探し、分別、処理することで、全体のリサイクル率の向上・処理コストの削減に取り組む企業が増えてきています。今回は、取り組むにあたっての簡単なポイントをご紹介します。

煩雑な廃棄物置き場の5Sは何から始めたらいい?

Some rights reserved by Todd Kopriva

初めに「保管容器」と「置き場のレイアウト」の見直しをおすすめします。置き場の整理...

「おしえて!アミタさん」では、リサイクルなどについての環境業務に役立つ情報をQ&Aやコラムとして毎日更新中です。更新情報はメールで配信していますので、ぜひご利用ください。

無料メールマガジン登録はこちら

ご依頼・ご相談はこちら

このページの上部へ