担当者の声 | 企業の環境・CSR・サステナビリティ戦略に役立つ情報が満載!

環境戦略・お役立ちサイト おしえて!アミタさん
「おしえて!アミタさん」は、企業のCSR・環境戦略をご支援する情報ポータルサイトです。
CSR・環境戦略の情報を情報をお届け!
  • トップページ
  • CSR・環境戦略 Q&A
  • セミナー
  • コラム
  • 担当者の声

担当者の声

注目担当者の声

担当者の声一覧

極東開発工業株式会社 本社:CSR室/三木工場:管理課本社環境・CSR戦略の立案支援|現場業務のリスク・負荷を低減

極東開発工業株式会社は、ごみ収集車といった特装車の生産やリサイクル施設の建設・運営など、環境と密接に関係した事業を展開しています。同社は現在、全社的に環境業務を標準化・安定化させ、さらに事業とリンクしたCSR活動・環境戦略の立案・実行に取り組もうとされています。

株式会社GSユアサ 環境統括部長 尾崎 満彦 氏GSユアサに聞く、事業領域を活かした環境・社会面での貢献とは?

前編のインタビューでは、広域認定制度の活用と資源リスクの関係について、お話いただきましたが、後編では、GSユアサの基幹事業である「蓄エネルギー」を通じた環境・社会面での貢献についてお伺いします。

株式会社GSユアサ 環境統括部長 尾崎 満彦 氏広域認定の活用で理想的な資源循環を目指す

近年、資源枯渇等に伴う調達リスクの重大性を再定義し、「持続可能な調達」に取り組む企業が増えてきています。 また、安定・安全な資源循環のために、使用済み製品からの資源回収に積極的に乗り出す事例も見られるようになってきました。 そこで、今回は株式会社GSユアサ 環境統括部長の尾崎様に、広域認定制度を活用した再資源化システムの運用ついてお話を伺いました。

ソニーセミコンダクタ株式会社 熊本テクノロジーセンター 熊本総務部/統括部長 松本 博史氏/統括課長 谷山 健一氏/谷 清明氏環境負荷ゼロを目指すソニーの地域特性を活かした環境活動とは?

「2050年までに環境負荷ゼロを達成する」という大きな目標を掲げ、取り組みを進めるソニーグループ。 今回はグループ会社であるソニーセミコンダクタ株式会社熊本テクノロジーセンター(以下、熊本TEC)様が行う立地地域の特性を活かした「地下水涵養」の取り組みについて詳しくお話を伺いました。

宝酒造株式会社 環境広報部環境課 課長 中尾 雅幸 氏大手酒造メーカーが取り組む、効果的かつ継続的な環境活動とは。

外部のステークホルダーと環境活動を実施する際にカギとなるのが、その運営方法や活動内容です。 今回は、本業を活かした環境活動を展開されている宝酒造株式会社環境広報部環境課長の中尾様に、CSR活動実践の秘訣を伺いました。

無料メールマガジン登録はこちら

ご依頼・ご相談はこちら

このページの上部へ