化学物質・汚染防止や、環境ビジネス・環境業務・CSRの注目コラム!

環境戦略・お役立ちサイト おしえて!アミタさん
「おしえて!アミタさん」は、企業のCSR・環境戦略をご支援する情報ポータルサイトです。
CSR・環境戦略の情報を情報をお届け!
  • トップページ
  • CSR・環境戦略 Q&A
  • セミナー
  • コラム
  • 担当者の声

コラム

 

「化学物質・汚染防止」 に関する記事一覧

最終回:将来に禍根を残さない土壌汚染対策をするために知って得する、土壌汚染の新常識

土壌汚染対策の成功と失敗を決めるのは、調査の質です。正しい調査により汚染の状態を正確に把握することが全ての始まりとなります。汚染の状態が把握できれば、最適な浄化システムの設置と運用ができます。

土壌汚染対策の具体例2 真の汚染原因調査するには?知って得する、土壌汚染の新常識

Some rights reserved by infomatique.

ここ数年、中国や欧米諸国においてグラウンド・エア・システム及び君津式表層汚染調査法による調査を行う機会を得ておりますが、このサイトは 1986 年に米国で公営水道の水源井に VOCs による地下水汚染が発覚したのが始まりです。 当初は対策として揚水ばっ気と土壌ガス吸引が継続されてきましたが、未だに浄化が達成できなかったため、このサイトで一昨年に君津システムのグラウンド・エア・システム及び君津式表層汚染調査法による調査を行いました。

土壌汚染対策の具体例1 法令に準拠しただけの
調査結果は汚染有無の参考でしかない
知って得する、土壌汚染の新常識

Some rights reserved by association GADEL Lot

土壌汚染をテーマにした君津システム株式会社の代表取締役鈴木喜計氏の連載コラム。 第5回目は、これまでお伝えしてきた本来あるべき土壌汚染調査に基づいて調査をしてきた事例をご紹介します。

効率の良い調査手法と本当に必要な調査結果とは?【後編】知って得する、土壌汚染の新常識

Some rights reserved by State Farm

土壌汚染をテーマにした君津システム株式会社の代表取締役鈴木喜計氏の連載コラム。 第4回目は「効率良い調査手法と本当に必要な調査結果」についての後編です。

効率の良い調査手法と本当に必要な調査結果とは?【前編】知って得する、土壌汚染の新常識

土壌汚染をテーマにした君津システム株式会社の代表取締役鈴木喜計氏の連載コラム。 第3回目は効率良い調査手法と本当に必要な調査結果についてご案内します。

無料メールマガジン登録はこちら

ご依頼・ご相談はこちら

このページの上部へ