廃棄物管理/リサイクル担当に関する情報や、サステナビリティ経営・町づくりのQ&Aをご紹介

環境戦略・お役立ちサイト おしえて!アミタさん
「おしえて!アミタさん」は、未来のサステナビリティ経営・まちづくりに役立つ情報ポータルサイトです。
CSR・環境戦略の情報を情報をお届け!
  • トップページ
  • CSR・環境戦略 Q&A
  • セミナー
  • コラム
  • 担当者の声

Q&A

 

「廃棄物管理/リサイクル担当」 に関する記事一覧

このページでは、廃棄物管理/リサイクル担当についての業務に役立つ記事をまとめて掲載しています。
このテーマについての関心が高い場合は、このページをブックマークしてお使いください。

紛争鉱物に関する規制は今後強くなっていくのですか?

Some rights reserved_by Image Journeys

2010年にアメリカでドット・フランク法が施行され紛争鉱物に関する規制が対象企業に課せられることになりました。特にEUでは、紛争鉱物に関する法整備の動きが活発化しており、アメリカのドット・フランク法以上に厳しい規制が施行される可能性もあり、注視が必要です。

産業廃棄物の越境委託に係る事前協議とは何ですか?

都道府県境を越えて産業廃棄物を処理する場合、事前協議が必要となるケースもあります。これには全国統一のルールや規定がなく、各自治体によって様々です。今回はこの事前協議の注意点について解説します。

逆有償|産業廃棄物を有価で売却するのですが、その代金よりも輸送費の方が高くなってしまいました。この場合、廃棄物処理法は適用されるのでしょうか?

「産業廃棄物を有価で売却する際、その代金よりも輸送費が高くなってしまった。」この場合、排出物の区分はどうなるのでしょうか?以前の逆有償の記事でご質問が多かった内容について、平成25年3月29日付けの通知を引用しながら再度詳しく解説いたします。

ガラスくず、コンクリートくず及び陶磁器くずとはなんでしょうか?どんなリサイクル方法がありますか?

建物解体に伴って発生するガラスくず、コンクリートくず及び陶磁器くず。これらの具体的なリサイクル方法や処理費用低減や有価物化のためのポイントをご紹介しています。

廃棄物の名称が自治体により微妙に異なるのはなぜですか?

Some rights reserved by Raymond Bryson

産業廃棄物の種類は20種類と定められていますが、その名称は必ずしも明確に定められているわけではありません。許可証への記載については、各自治体が環境省からの通知や法律・施行令の記述を参考にして決める場合が多いため名称が異なります。

「おしえて!アミタさん」では、廃棄物管理/リサイクル担当などについての環境業務に役立つ情報をQ&Aやコラムとして毎日更新中です。更新情報はメールで配信していますので、ぜひご利用ください。
このページの上部へ